世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

優秀な人が、陥りがちなワナ。

f:id:dai88:20200224081142j:plain

 

 

下手に(?)優秀なだけに、周りからの期待に応えることができてしまって、
さいころから、頑張って周りの期待に応える。
 
 
期待に応えながらも、この期待に応え続けられなければ、
自分は無価値な人間で、周りから見放されてしまうのではなか?
 
そんな恐怖心と、これまでずっと戦い続けてきたのかもしれない。
 
もちろん、そんな認識には明らかに間違っていて。
無価値な人間など、世の中にはいないし、
何かをしたから価値があって、何かをしていないから無価値などという
こともない。
 
 
僕なんかより、よっぽど勉強ができて、学歴が高く、それなりの会社に勤めて
世間的には、「良い会社に就職できてよかったね・・・」なんて
言われているにも関わらず、
 
「うわ、何かイメージしてたのと、全然、違うんですけど・・・」
「周りに求められるまま、一生懸命やってきたけど、こんなもんなのか・・・」
「これから、何をどうしていけば良いものか・・・」
 
と半ば、絶望状態(?)でご相談される方も、最近、多くなってきた。
 
 
そもそも、見ている方向が間違っていると思っていて、
他人の評価・価値観を自分の評価・価値だと勘違いしてしまって、
いつのまにか自分のことがわからなくなってしまう。
 
それは、当然といえば当然の話し。
 
やはり、考えるべきは自分の機嫌をいかに取るか?

執着しないから、うまくいく?

f:id:dai88:20200221145320j:plain

 

 

僕が発信する内容について、
「結局、どっちなんですか?」
「曖昧なことが多くて、何が言いたいか分かりません」
 
という感想(?)をたまに頂く。
 
おっしゃる通り、こうするといいよ、ということはごくごくたまにしか言わないし、
「これがコタエだ!」というようなことを、ビシッといいうことも、ほとんどない。
 
 
「生きたいように生きる」にもつながっていくのだけど、
正直、コタエらしきものって、自分が生きているうちに、
コロコロ変わるものだし、時代が変われば、正しいとされている
ことだってコロコロ変わる。
 
 
そもそも、コロコロ変わるようなことに関して、
これだ!と言い切ること自体、ナンセンスだと思う。
 
 
「あり得ない!」ようなことが、これからもドンドン起きていく
世の中で、変に自分自身を縛り付けるような考え方を
持ち続ける事自体、危険なことだ。
 
 
周りで言われているような、常識なんかを正しいことと
思い込むことなんて、もってのほか。
 
 
 
ゴール設定がないと、そこには行けないということも、
もちろん真理ではあるのだけれど、設定したゴールに
あまり執着しすぎるのも、考えものだ。
*また、結局、どっちなの?と言われるかもしれないけど。。。苦笑
 
 
何者かにならなきゃいけない、ということはないし、
何かを成し遂げるために、日々、努力をしなきゃいけないということもない。
一生懸命頑張ってきて、ちょっと疲れたなぁ・・・と感じているならば、
休めばいい。
ずっと走り続けることが、自分に合っていると思うなら、ずっと走り続ければいい。
 
 
目の前で、良いことだろうが、悪いことだろうが
それすらも結局、どっちでも良い。
 
どっちにころんでも、受け入れる。
気にしない。
 
だって、良いことが悪いことのきっかけになることも、
悪いことが、良いことのきっかけにもなるから。
 
 
 
ただ、ひとつだけ言えることがあるとしたら、
それより自分自身が楽しむことが一番大事。
 
「自分の機嫌を取る」にも非常に関係してくることで。
 
もう、それ以上でもそれ以下でもない。
そのものズバリ。
 
 
自分を縛り付けているあらゆる執着を手放して、
ただひたすらに、自分の機嫌を取っていく。
 
 
自分の機嫌を取っていくことに、意識を集中させていく。
そうすることで、あなたの人生だってどんどん展開していく。
 
 
 
 

未来会議をしよう。

f:id:dai88:20200221144922j:plain

 

 

あなたは、自分の未来について、普段
どれだけ考えていますか(想像・創造)?
 
 
自分だけに限らず、家族や親しい人など他力と進めることも含めて。
 
 
 
目の前に現れることに、追われるように生きるのか?
それとも理想とする未来をイメージしながら、生きたいように生きるのか?
 
 
これは、どれだけ自分の未来のことについて考えたか?
に依って決まる。
 
 
それが、未来会議。
あなたの未来について、あれこれ考えていく会議。
会議というと、とても退屈なものをイメージするかもしれない。
 
 
未来会議は、もちろんそんなことはなく、
何のための会議か?というと、
それは、【あなたの未来をより良くすること】を目的とした会議。
 
 
 
未来にどうなっていたいのか?
そして、どう在りたいのか?
 
 
まずは、これらがコトバになっていないことには、
はじまらない。
 
 
全くイメージの、かけらすらないかもしれない。
漠然としたイメージしかないかもしれない。
 
 
それらをひとつひとつ、コトバにしていく。
それが、未来会議。
 
 
 
未来会議の主題。
それは、ゴール設定。
 
 
ゴールが決まるからこそ、今日何をすればよいか?
明日何を?今週は?・・・
ここが自ずと決まってくる。
 
 
やはり、まずは未来のことについて、想像・創造する時間を確保する。
定期的に。
 
まずは、未来会議から、より良い未来に変わる。
 
 
 

どうなるか分からないなりに、何が出来るか?

f:id:dai88:20200219113148j:plain

 

 

コタエなど誰も知らない
世の中どうなるかなど誰も分からない。
 
どんなお偉いさんが、どんなことを言おうとも、
どうなるか?なんて分かるわけがない。
 
 
だから大事なのは、分からないなりに、自分でこうなんじゃないか?
という仮説をまずたてる。
 
僕が仮決めといっている、あれ。
 
とりあえず、分からないなら分からないなりにでも、
まずあらかた決めて、とりあえず進めてみる。
 
 
進めてみて分かることの方が多いし、
学びも多い。
 
あれこれ考えてやらない人の方が、
世の中を見渡しても大半なので、
とりあえず何かしらやっただけでも、
そこには大きな価値がある。
 
だって、少なくとも何かをすれば、
何もしていない口だけの人よりも
一歩も二歩も進んでいるからだ。
 
 
で、とりあえず仮決めだけして、まずはずんずんと
進めてみる。
 
仮決め⇒とりあえず進める
 
そしたら、何らかの結果が見えてくる。
その結果をみて、うまくいっていることであれば、もっと伸ばし、
うまく行っていないことであれば、修正をかけていく。
 
この繰り返し。
 
PDCAってコトバを聞いたこともあるかもしれないけれど、
結局、これを如何に高速で回していくか?
 
P:plan
D:DO
C:check
A:改善
 

 

正しい、やり方なんてものは、そもそもない。すべては・・・

f:id:dai88:20200219112518j:plain

 

 

正しいやり方があって、それにそって
やれば間違いがない。
 
その考え方は、間違いです。
 
 
そもそも正しいやり方が、仮にあったとしても、
自分にそのやり方が合っているかどうか?
はまた別問題だから。
 
その自分に合ったやり方を見つけることだって、
「あれこれ試す」というプロセスは必ず経る必要がある。
 
 
だって、やる前に、実際に合うかどうかなんて、
誰にも分かるわけがない。
 
とりあえずやってみて、自分に合うか合わないか?
そして、成果をあげられるかどうか?がはじめてわかる。
 
 
 
だから、正しいやり方があるわけではなく、
「全てはテストである」という事実だけ。
 
このテストというは、試すという意味でのテストで
だからどんどん試せばいい。
 
学校のテストみたいに、間違ったら減点でという意味ではないので、
とりあえずあれこれやってみる。
 
つまり、「試すことに、失敗はない」
 
試さないこと、それ自体が失敗。
何かをしてうまくいかないことが失敗なのではなく、
何もしていないこと、そのものが失敗ともいえる。
 
 
あれこれやってみることにこそ、価値があるし、
あれこれやるからこそ、自分に合う、自分が成果を
あげられることが分かる。
 
 
とはいえ、何をどうやってテストをしていけば良いか?
そもそもテストといっても何から手を付けていけば良いか?
 
 
 
これは、とりあえず決める。
仮決めからはじめること。
 
学生時代に浮いていた
会社で浮いている
振り返ってみると、学生時代に周りと話が全く合わなかった
今でも、もちろん会社で周りと話が全く合わない
 
そもそも、社会に全く馴染めていない・・・
 
そんな人と相性が良いメルマガです。
 
 
 

自分にとって、優先したい感情は何か?

f:id:dai88:20200219112244j:plain

 

 

結局、人は何かしらの感情を得たいがために、
日々、何かをする。
 
どこかへ旅行へ行くにも、
映画を観るにも、
何かを買うにしても、
友人と呑みに行くにしても、
 
それらの行動を通じて、自分自身が何かしらの
感情を得たいがために行動をする。
 
裏を返すと、行動の原動力となるのは、
自分がどんな感情を得たいか?が
ベースになって日々の行動を選択しているともいえる。
 
意識しているしていないに関わらず。
 
 
あなたが優先している感情はどんな感情ですか?
 
 
ちなみに、僕が優先している感情のひとつは、
「心穏やか」です。
 
心穏やかに生きるために、日々、あれこれ打ち手を
打っているともいえる。
嫌なやつと顔を合わせなくても、済むような工夫をしたりとか。苦笑
 
 
 
とはいえ、想定していないところから、
心穏やかでいられなくなるようなことだって、
もちろん起こりますよ。(^o^)
 
 
でも、起こったら起こったで、その起こったときに、
どのように心穏やかな状態にするか?も
心穏やかに生きるために必要なことだなぁと
考えています。 
 



 

犠牲を払うので見返りをくれ?

f:id:dai88:20200217083757j:plain

 

今、頑張れば将来が楽になる。
 
こんなコトバを耳にしたり、
人によっては、胸に秘めて日々、
暮らしているかもしれない。
 
でも、考えて欲しいのは、今を犠牲の上に成り立っている、
その見返りとしての、「楽」とはどんなものなのか?
 
 
楽になった将来で何をするのか?
その楽をするために、今を頑張る・犠牲にするのか?
 
最初から、楽(楽しむ?)のは駄目なことなのか?
 
これはもちろん、楽をするということだけに限らず、
将来的にこうしたいということがあることだって同様。