世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

面倒臭さと、 楽しさとの せめぎあいの末に。

f:id:dai88:20190806070859j:plain

 

何かを始めるときって、大体、
 
うわ、面倒くさそうだ・・・
 
からはじまる。
 
そんな中でも、
 
もしかすると、楽しそうかもしれない・・・と、面倒くさそうのせめぎあいの末、苦笑
とりあえずやってみることで、だんだんと楽しくなってくる。
 
意外と、何でもやってみると、大したことがないことがほとんどで、やっているうちに、当然ながら、段々と出来るようになってくるから、楽しくなってくる。
 
最初から、うまくいくことなんかなくって、誰しも最初は全然出来ないのだけれど、唯一あるとしたら、強みを活かすことではあるけれど、その強みであっても、それをどう活用していくか?はまた、ちょっとしたコツが必要になってくる。
 
 
これを、何もやらないうちから、単に面倒くさいという感覚でいると、結局、何も出来ず、何も手を出すことが出来ない状態に陥る。
 
 
 
 
で、あるラインを越えてしまうと、
 
他人がどんだけ面倒くさいことをしているの?不思議と、感じられることであろうとも、別に難なく進めていくことが出来る。
 
まさに、僕が毎日、こうしてあなたにお届けしていることは、人からみたら、どんだけ面倒くさいことを、毎日やってるの?という感覚かもしれない。
 
僕の中では、この発信は、既に歯磨きレベルにまで落とし込まれていることで、
 
僕には僕なりの理由があって、淡々とやっているだけなんだけれど。
*何度も言うように、メリットしかないと思っているから。
まさに、定義付け。
 
 
この「楽しいゾーン」に入るのは、とりあえずやってみることでしか、味わうことはできない。