世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

決断・判断が正しいのかどうかを見極めるために。

f:id:dai88:20181016061419j:plain

 

 

決断・判断が正しいのか?間違っているのか?

これを考えている(?)ように思えて、多くの場合、単なる先延ばしでしかなく。
 
 
確かに、色んな角度から情報を集めて、決断・判断をすることもできるかもしれない。
しかし、その決断・判断を下す時点では、「正しいかもしれない」というくらいでしかない。
 
 
正しいかどうかは、決断・判断を下し、さらに実行をして、はじめて成果が得られるかどうか?は分かる。
当然ながら。
成果については、時間がかかるものもあるだろうし。
 
 
もっというと、実行した後だって、
半年後の「正しい」なのか?
10年後の「正しい」なのか?
 
 
これによっても、解釈自体、大分変わってくる。
じゃあ、決断・判断するときの、「正しいかもしれない」ってどれだけ意味があるのか?
 
となると、決断・判断をする際、あれこれ迷って実行を先延ばしすることは、得策なのか?
 
 
じゃあ、「正しいかどうか」ではない、判断基準って何か?というと、
 
頭であれこれ考えても、結局、結果なんて分からないんだし、「死なない程度」のことであれば、どっちでも良いとも言える。
だったら、とりあえず、直感に従ってみる。
 
迷ったら、「やる」と、自分で判断基準を決めてしまうとか。
 
 
あとは、やっぱりゴール設定。
 
「それ」をやることで、ゴールに1ミリでも近づくことなのか、どうか?
こんな判断基準を持っているだけで、
 
やるか?
やらないか?
 
の判断は、一瞬で出来るはず。
 
とはいえ、そもそものゴール設定にすら、自信や確信も持てていないし・・・と感じている方、