世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

逆張り

f:id:dai88:20180920235341j:plain

 

 

多くの人は、不安がきたら
 
あぁ、不安だ不安だ。
どうしよう。。。
 
となるのが、普通といえば、普通。
 
 
でも、考えてみれば、不安ってそもそも何かしら乗り越えるべき時に大体、くるもので、考え方によっては、歓迎すべきものだと思うのです。
 
やったことがないことをしようとするから、不安を感じたり。
*自ら勝手に作り出している不安ももちろんあります。
 
 
もっというと、不安ってそもそも、人間は生きていく上で危険を察知したりするために必要な機能でもあり、それほど恐れるべきものでもなく、うまく付き合っていくしかないとも、捉えることができる。
 
 
そう考えたら、不安がきたら、
 
あぁ、不安だ不安だ。
どうしよう。。。
 
という選択も、もちろん出来る。
 
選択が出来るというより、これは、ごくごく一般的な、ふつーの流れで、無意識(何も意識していなければ)でこうなるもの。
 
 
選択することが出来きるもの、ということに考えが及んでなく、自然の流れで流れているだけという状態。
 
 
 
一方、
 
おぉぉ、不安が来た、よし!ってガッツポーズだって選択も
出来るはず。
 
こちらは、意識する必要がありますよ。
もちろん。
 
 
で、ポイントはこの「選択出来る」ということ。意識をすることで。
 
さっきいったように、意識をしていない(無意識)から、不安になる。
感情を観察していると、「あ、不安がきた」と分かる。
 
 
分かった時点で、あなたはどの選択をするにせよ、自由なはず。
 
不安を強化することも、ガッツポーズすることも。
 
 
焦点がある部分が、拡大するのだから、なおさら、自分の焦点をどこに置くか?
は細心の注意を払う必要がある。
 
 
少なくとも、この記事を読んだあなたは、選択を出来るということを、知った。
 
知ったら、どれを選択するか?はあなた次第ですよね。
 
 
流されることも選択出来るし、そうじゃない選択(ガッツポーズ)も
選択出来る。
 
 
不安の大半は、この不安ですよね。