世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

書くことで、他人を動かすには?

f:id:dai88:20180830123044j:plain
他人を動かす文章とは何か?
 
 
「他人を動かす」といっても、相手をコントロールするとか
洗脳するとか、そんな仰々しい感じではもちろんありません。
 
 
そもそもの大前提として、あなたにもメリットがあり、
相手にもメリットがないと、成立はしません。
*もちろん、メリットがあることが全てではありません。
 
 
基本的に、人はひとりでは生きていくことは出来ません。
 
他の人がいて、何らかのことをして頂けるから、
生きていくことができるわけです。
 
自分を動かす文章を書く
での方向性にそって、相手にも動いてもらう。
 
そのためには、大前提として、相手の理解がまず、必要になります。
 
 
あなたがこれを実現したいと思った時に
他人に協力をしてもらうこと。
 
このあたりを相手に伝える必要がある。
 
 
もちろん、文章だけでなく、会って話すという
ケースもあるだろうけれど、いずれにしても
コトバにする必要がある。
 
相手からの協力をしてもらうことを考えるときだって、
自分を動かす」の部分でもお伝えしたように、
そもそも自分はどっちの方向へ行きたいのか?
 
そして、自分は何をして、何が出来ないから、
他人から何を協力して欲しいのか?
この辺りをコトバにする必要があるわけです。
 
 
この辺りをきちんとコトバにさえできていれば、
「そうか、分かった。協力するよ」となるのです。
 
協力を得る、以外で「他人を動かす」ケースとしては、
何らかの商品やサービスを購入頂くというケースもあります。
 
ビジネス的に言うと、他人(相手)からお金を頂くこと。
 
 
お金を頂くということは、あなたの口座へお金を振り込んで頂く、
直接、お支払を頂く、クレジットカード決済をして頂く・・・
 
 
とにかく、他人(相手)に動いてもらわないことには、
ビジネスにはなりません。
 
無理やりやったら、犯罪ですので。
 
 
他人(相手)の意思で、きちんとあなたが思う、方向に動いて頂く、
ビジネスを再定義すると、こうも言えるわけです。
 
単に、「売って、お金を頂く」とお金の流れだけをみれば、
確かにそうなのですが、他人が最終的にはお金を支払うかどうか?
の決定権を持っているのはあくまで、他人(相手)です。
 
だからこそ、相手が気持ちよく、こちらからゴリゴリと売り込みを
かけることなく、スムーズに買って頂く、もっというと、
いつのまにか買っている
 
このような状態をつくることが出来るのも、
コトバなんです。
 
 
他人に動いてもうらための、キーワードは、
○○です。
 
この○○については、今後お伝えしていきますが、
単に自分の要求だけを一方的に、相手に伝えたところで、
相手は動いてくれることはありません。
 
相手に動いてもらうためには、☓☓を理解していないと
無理なんです。
 
では、ビジネス的な意味合いでの、「他人に動いてもらう」
をもう少し詳しくみていきましょう。
 
 
まず、これこれこのような商品・サービスです。
 
さらには、あなたが提供したいと考えている人は、
どんな人か?
もっというと、継続的にお付き合いをしていきたい、
良い関係を構築していきたいと考えている人は、
どんな人なのか?
 
一般的には、「ターゲット」と呼ばれている人のことです。
 
 
あなたが提供しようとしている商品・サービスは、
どんな人がターゲットなのか?
その人たちは、どんなライフスタイルを送っていて、
どんなコトに興味関心があって、
どんなことに課題や問題を感じていて、
どんなキーワード、フレーズに反応を示すのか?
 
この辺りをコトバにしていくんです。
コトバにしていくことができれば、
ゴリゴリと売り込まなくても勝手に
売れていく状態がつくれるわけです。
 
コトバにすることが出来たら、ターゲットとする人たちに、
どんどん読んでもらえるような状況を構築していきます。
 
そうすることで、あなたの商品やサービスを
購入してくれる人(ファン)が、ひとりまた、ひとりと
日に日に増えていく状態になっていきます。
 
 
これが出来るようになると、
自分自身の収入をコントロール出来きるようになります。
 
もちろん、あなただけがお金を一方的に頂くというのは、
ビジネスの本質からずれてしまいます。
 
 
そもそも、ビジネスとは相手の問題を解決の対価として頂くものだから。
⇒コレ自体、ビジネスに関する定義付け
 
問題を解決することで、相手へ貢献することが出来る。
 
 
僕がこうして、マレーシアにいながら書いた文章を
読んで頂き、ありがたいことに、少なくない数の方々が、
日々、安くはない金額の 商品やサービスをご購入頂く
 
こんな状態が可能となるわけです。
 
 
一度も、お会いしたこともなければ、話もしたことがない、
どこの誰だか分からない、実在するかすら?(苦笑)分からない、
 
これは、冒頭からお伝えしている「書くこと」をベースに
様々なことを構築していっている結果。
 
「書くこと」というと、ブログをまず始めよう!と考える方も
多いかもしれないけれど、単なる思いつきでブログをはじめた
ところで、そもそも何を書いていけば良いか?どうやって
収入を発生させていけば良いか?皆目検討がつかないかもしれない。
 
 
ある意味、それは当然で、単にブログをやりましょう、メルマガを
やりましょうといったところで、その裏でどんなことを考えて、
どのような打ち手を打っているか?が分からないと、自分自身で
進めていきようがないのです。