世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

1万時間じゃ、足りない。

f:id:dai88:20180828145548j:plain

 

 マルコム・グラッドウェル氏が著書の中で紹介している「1万時間の法則」というのがある。
どんな分野でも、だいたい1万時間程度継続してそれに取り組んだ人は、その分野の達人になるという法則。
 
1万時間は、粗い計算をすれば1日3時間を10年続けなければならないから、かなりの継続なので、
 
えー、1万時間か・・・
 
となってしまいがち。
 
でも、これも考えようによっては、新たに1万時間といいうと、気が重いけれど、これまでやってきたことも含めてだったらどだろうか。
 
あなたが、いま何歳だかは分かりませんが、これまで生きてきて、時間を割いてきたことが、必ずあるはず。
誰かに言われてやったことではなく、自らの意思で。
 
 
これまでやってきたことを、
これから、やっていきたいこと
 
とうまく結びつけて、1万時間にしていく。
 
新たに1万時間しなくても、あなたがこれまでしてきたことの中で、
これからやっていきたいことと結びつけて、1万時間にしていく。
 
 
そもそも、自分の意思でやってきたことなので、
 
1万時間じゃ足りない!
もっと、やっていきたい!
 
ということになる。
 
であれば、
 
えー、1万時間か・・・
 
なんて思うことなく、スイスイと続けていくことが出来る。
 
 
という話をすると、
 
続けてきたことなどない
続けてきたことはあるけれど、価値がありそうなものなどない
 
という人が結構いるけれど、実はそれは、思い込みなんですね。
 
 
よくお伝えしている、盲点Bです。