世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自己流の罠

f:id:dai88:20180808172711j:plain

 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

全部自分で考えようとする
自己流でやってみる
他力に頼らない
 
 
などなど・・・
 
 
カンニングなどせず、
自分の力でなんとかしなさい!
 
と言われてきた名残なのかもしれませんが、
基本的には、やっぱり真逆だと思うのです。
 
 
考えても出てこないものは、出てこない
 
自己流でやってみて、うまくいかないものは
うまくいかない
 
だったら、どんどん他力を活用する。
 
 
考えないといっても、全く何も考えないという意味ではなく、
まずは、材料となるモノを集める。
 
ここでいう、材料となるモノとは、
 
イデアの型であり、パターン。
 
これらを集める。
何をベースに?
 
当然、自分感覚をベースに。
 
「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」
ということについて書かれた古典的名著
*必読です!
 
があるのですが、結局、組み合わせるための
型・パターンをまず知らないことには、
イデアを出せなくて当然で、
 
逆に、型・パターンをある程度、知っていれば
あとは組み合わせるだけでいいんですね。
 
 
イデアなんて、結局、組み合わせでしかないんです。
であれば、まず自分感覚に沿ったアイデアの素を集めて、
それらを加工して、自分好みの形にする。
 
この繰り返しでしかないんです。
 
なんですけれど、アイデアの型・パターンを集めることなく、
 
うーん、どうしよう・・・
 
と、唸っていても、何も出てこなくて当然。
 
材料もなく、料理を始めようとするようなもの。
 
 
自己流に関しても、同様で。
自分で何が必要で、何が不要なのか?
 
また、今、思い通りに進んでいるのか?
進んでいないのか?
 
進んでいないかもしれない・・・と思って
進めていても、当然、不安感がやってきて、
出来ることも出来ないはず。
 
と、自己流で進めたところで、
苦労が多い割に、得られることも少なく、
よいことなどひとつもないわけです。
 
 
P.S.
イデアの型・パターンとは具体的にどんな
ことなのか?
 
詳しくは、
 
 
▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)
 
 
 
 
▼お問い合わせ・ご連絡は

こちら