世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

お駄賃をもらっていましたか?

 

 
 
子供の頃、
「お小遣いあげるから買い物行って」とか
「部屋の片付けをしたら、お駄賃あげる」
と言われたことはありませんか?

一見、子供のやる気を出させる
秘策(?)のようにみえて、
 
実は、

そういう風にしてお金を手に入れることを覚えると
「お金」イコール「嫌なことをするともらえるもの」
という図式ができあがってしまいます。

しかも、「それ」をする前から金額が決まっているので
「いかに楽してお金をもらおうか」と考えるのが人間です。苦笑
 
やがて、大きくなり、会社に勤めると、
「お給料」として頂くようになります。

この給料って前もって決まっているので
いくら頑張っても同じ給料。

自分が、他の人たちより、仕事の量が多いと
自分だけ損をしてると感じてしまうのです。

逆に、大して働いていないのに、
自分より給料をたんまりともらっている
人がいると、あまり良い気がしなかったり。。。苦笑


雇う側からしたら、如何に給料を押さえて、
より働いてもらうか?を考えるわけで、
当然、綱引きが始まるわけです。
*このあたりの話は、また改めて。


で、
 
そこから脱出するには、仕事は「嫌なもの」という
思い込みを変えてやる必要がありますね。

また、やったらやっだけ増えていくもの・・・
という思い込みに変えてやることも必要です。


このような些細なことでも、
小さい頃からの積み重ねで、
 
相当、しつこく自分に染み付いてしまっている。
 
良くも悪くも。
 
何が手強いって、意外と自分では
気づかないものなんですね。
 
 
親などから、言われていると、
それが当たり前過ぎて、気づかない。
 
気づかないから、何の疑いもなしに、
それを信じ続ける。
 
怖いのは、「信じよう」とする意識もなく、
勝手に信じ続けてしまっていること。
 
もっというと、信じていることに気づいたとしても、
そこからなかなか抜けられない、
 
ある意味、呪縛のように。苦笑
 
 
で、信じていること=思い込みで、
現実は形成され、
 
その現実をみて、
 
「あれ?なんか、おかしいなぁ・・・」
 
と感じてはいる。
 
現実を変えるために、
 
「○○で稼ぐ方法!」みたいなことを試してみる。
 
 
何か行動を一生懸命に変えようとするけれど、
実は、根っこの部分、小さい頃に形成された
 
意識されることもなく、信じていること
 
をガラリと変えないことには、
いくら表向きの行動を変えようとしたところで、
うまくいかないんですね。
 
 
行動を止めさせようとしたり、
行動をしようと思っても、
なかなか、その一歩が、出来なかったりで。
 
 
P.S.
 
お金の呪縛を解くには?
 
 
 
 
 
▼お知らせ、更新情報をお届けします。(無料)
 
 
 
▼お問い合わせ・ご連絡は

こちら