世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自分>ゴール

f:id:dai88:20180708072252j:plain

 

 

自分と、
ゴール。 

言うまでもなく、ゴールより自分が大切。 


自分を犠牲にしてまで、 
ゴールを大切にするのも 
おかしな話で。 


これは、まるで
 
健康のためなら死んでもいい 
と同じ構造。 


そもそも、自分がないと、ゴールすら 
無意味なもの。 
 
自分を犠牲にして
自分を蔑ろにして
 
到達するゴールとは、
一体、どんなゴールなのでしょうか。
 

どこまでいっても、
自分なんですね。
 
今の今!
 
これを読んでいる「今」も
 
あの件どうなったかな
 
あぁ、またあのことで上司に
怒られるのかなぁ。
 
あ、家賃払わなきゃ
 
晩ごはん何、食べようかな
 
 
などなど。
 
結局のところ、何かを味わいたくて、
日々、
 
あれこれ思い悩んだり、
あれこれ必死こいたり、
 
しているわけですよね?
 
 
なのに、
 
「今」の「今」、
味わえない
味わうことをしてない
人が、いつになったら、味わうのでしょうか?
 
きっと、○○を得ることが出来たら・・・
と思っていても、○○を得たときでさえ、
味わうこともなく、また忙しなくしているかもしれません。
 
 
味わうとは、
何も良いことばかりのことではありません。
 
 
辛いこと
嫌なこと
 
だって、あるかもしれない。
 
でも、敢えて味わう。
 
 
あぁ、こーゆーことは、
 
辛いんだ
嫌なんだ
不快なんだ
 
が、分かるわけです。
 
 
感情は羅針盤
 
なので、自分が
 
何を
どのように感じているのか?
 
を観察しないと、この羅針盤
働かないわけです。
 
羅針盤が働かないというのは、
「自分感覚」が分からないとも言える。
 
自分のことなのに。
 
 
他人の顔色でもなく
ゴールでもなく
 
あくまで、気にする必要があるのは、
「自分」なんですね。
 
気にすることが出来るのは、
他の誰でもなく、自分しかいないのですから。
 
 
 
 
 
■お問い合わせ・ご連絡は

こちら

 
■LINE@限定のコンテンツ配信してます