世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

【保存版】なぜなら、自分が「そう」したいから。

f:id:dai88:20180706000038j:plain

 

ゴールに到達することで、
「ない」が埋まると捉えるのではなく。

現実にあるとか、
現実にないとか

一切、関係なく


今、ある
に意識を向ける。


これは、目の前の現実で、何が起きようとも、
自分の機嫌を取るというのも同じこと。


目の前で、「自分の機嫌がよくなるようなこと」が
起こったから、自分の機嫌が良くなる

目の前で、「自分の機嫌が損なわれるようなこと」が
起こったから、自分の機嫌が悪くなるのでもなく、

どっちでも、自分の機嫌が良い(取る)が
まず先なんですね。


現実で、「ない」としても、

ない自分
出来ない自分

のままで、

ない自分
出来ない自分

が採る、

コトバ
行動

をいつまでも採り続けるからこそ、
「ない」が続く。。。


一方で、同じ、
現実では「ない」としても、


ある自分
出来る自分

の前提で

コトバ
行動

を採ることで、
現実が呼応して「ない」から「ある」
に変わるんですね。

なぜなら、自分が「そう」したいから。

ただ、それだけ。
 
超シンプルな話。
 
 
 
「私は変わることが出来た!
でも、現実は何も変わってないじゃないか!!」
 
と、不平不満を言っているようだと、結局、
自分は変わっていないから、現実も変わらない。
 
 
逆説的ですが。
 
分かりにくいとは思いますが、
何度も読んでみてください。
 
 
「ない」を「ある」に変えていくことについて、
詳しくはこちら。
 
 
 
■お問い合わせ・ご連絡は

こちら

 
■LINE@限定のコンテンツ配信してます