世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「苦労」と「お金」と「お客さん」と。

f:id:dai88:20180605122725j:plain

 

 

「苦労して働いたお金」
という言い方がありますが、

僕はあまり好きではありません。

もしかすると、小さい頃から、
親や周りの大人から言われたことが
ある方もいるかもしれません。
 

この言い方をしてしまうと、

お金は苦労して得るものであり、

さらに、お金をもたらしてくれる、
お客さんは苦労の元凶(苦笑)、

ということになります。
 
これ、何の話だか分かりますよね?
 
そうです。
結局、全ては定義付けで出来ている
という話です。
 
あなた自身が、どんな定義付けを持っているか?
で、目の前の現実が、呼応しているという話です。


苦労の元であるお客さんとは、
出来る限り、接したくなくなるっでしょうし、

当然、喜ばせてあげようとも思いません。


とすると、当然、稼ぐのは難しくなりますし、
難しいことをやるのは、どんどんと遠のいて・・・

と、負のスパイラルになるわけです。



そもそもの前提として、

「苦労の量」と
「稼ぎ」とは、
まったく関係がありません。
 
 
 
苦労
お金
お客さん
 
という関係性から、定義付けの話をお伝えしましたが、
ありとあらゆることが、同様に定義付けをした【まんま】
目の前に現れるということなんですね。
 
 
どうしても、望まない現実が目の前にあるとき、
多くの場合、現実を無理やり
 
変えてやろう
捻じ曲げてやろう
 
としても、ほぼうまくいかないのは、結局、
今回お伝えしたようなコトが、
原因となっているわけです。
 
 
ただ、非常に残念なことに、
自分自身の定義付けって、
気づかずに、ここまで生きてきている
ことがほとんどなんです。
 
 
冒頭でお伝えしたように、
 
周りの大人から言われたことを、
そのまま自分にも当たり前のように
定義付を持ち続けてしまっているから。
 
といっても、親などを恨む(苦笑)必要は
全くないです。
 
気づいた時点で、定義付けを好きなように
変えていけばよいだけです。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。