世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

3つの壁をどうするか?

f:id:dai88:20180508130804j:plain

 

前回、理想の状態(ライフスタイル)と
自身の強みとの交点をみつけていくと良いですよ
 
ということをお伝えしました。
 
 
この交点をみつけていくことは、
非常に大切なポイントではありますが、
 
「この交点をみつけること」そのものが、
目的になると、本末転倒になってしまいます。
 
いつまで経っても、
交点
交点・・・
 
とやっていても、成果にならないのは
当然ですね。
 
 
いわゆるお勉強発想と呼んでいる、
実行をすることなく、
 
「準備をしています」
「必要な知識を学んでいるところです」
 
というある意味、
体(てい)の良い「逃げ」になってしいます。
 
 
多くの方をみてきましたが、この
「逃げ」を選択してしまう理由として、
3つの壁があると思っています。
 
 
どんな壁か?といいますと、
 
 
1)そもそも、ビジネスのテーマが決まらない
2)ぼんやりしたままで、ビジネスアイデアが浮かばない
3)なとなくのアイデアがあるが、うまくいくか確信が持てず踏み出せていない
 
 
大体、この3つに集約されます。
 
裏を返すと、この3つの壁さえ越えてしまえば、
スルスルと成果を得ることが出来るとも言えます。
 
 
それぞれの
「3つの壁の越えたかた」そして、
ビジネスを「形にする手順」についての
詳細は、
 
こちらよりお知らせください。
 
 
今回は、簡単に。
 
 
まず、ひとつめ。
 
1)そもそも、ビジネスのテーマが決まらない
 
 
これは、冒頭でもお伝えした、
理想の状態(ライフスタイル)と自身の強みと
の交点をみつけていくことで、ある程度、
 
これだなということ、
これはないな(こっちがより重要!)
 
というのが、自ずと決まってくることでもあります。
 
分かりやすい例を挙げると、
 
場所にとらわれない、ライフスタイルと
決めた場合、
 
少なくとも、どこかへ行かなければ成り立たない
ビジネスは、自ずと除外されるということです。
 
分かりますよね?
 
 
で、具体的にどのようにしていくか?
というと、ここでもやはり、
 
言語化がポイントになります。
 
 
言語化といっても、2パターンあり
 
内向きの言語化と
外向きの言語化と
があります。
 
 
内向きの言語かとは、
理想とするライフスタイルなど、
自分自身についての言語化です。
 
外向きの言語化とは、
文字通り、外に向かって
言語化(=発信)していくことです。
 
 
外向きの言語化をしていくと、
 
ビジネスをしていく上で、
何よりも大切な、
お客さんを集めるコトが出来るんですね。
 
 
じゃあ、具体的に外向きの言語化って、
どのように進めていけばよいか?
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 
 
 
あなたのビジネスを好転させる、「3つの数字」とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain