世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

どんな教材、テキストにも載っていない、唯一のこと。

f:id:dai88:20180504203415j:plain

 

 

学校のお勉強の名残でしょうか。
 
 
教科書なりで、まず学んでから、
実践する。
 
これは、一見、正しいように思えます。
 
ただ、学んでいる間は、ある意味
逃げること、と捉えることだってきます。
 
 
「まだ学んでいる最中だから」
 
という理由を挙げて、その学んだこと、
さらには自身の評価すら受けることを
拒否しているとも言えるからです。
 
 
成果を得たいと望むのであれば、
評価を受けるという「恐怖」と
向き合った上で、その一歩を踏み出す
必要があります。
 
 
今のあなたが、どんな評価を受けるかどうか?
 
こればかりは、出してみないことには、分からない。
 
世界中
どんな教材
どんなテキスト
 
を探したところで、載っていない。
 
 
そりゃ、当然といえば当然ですよね?
 
あなたが、勇気を持って、外に出すからこそ、
どんな評価が出るか?
 
別に評価が悪いということで、
傷つく必要もないわけです。
 
分かれば分かったで、
 
何が足りないのか?
 
もっと、これをこうしてみようということが、
分かればよいだけなので。
 
「あぁ、そうか。ここが足りなかったのかと。」
「じゃあ、重点的にこれについて学んで見よう」
 
と。
 
 
学ぶのであれば、このフィードバックが
あるかこそ、より深く学べると思うんです。
 
逆に、このフィードバックがない状態で、
学ぼうとするから、得たい成果とは、
ズレていってしまうとも言えるわけです。
 
 
 
教材で学ぶのももちろんいいですが、
それがあっているのか、そして
今自分は、どのくらいなのか
 
ということまでは、教材には載って
いませんので
 
それを知るためには、他者からの
反応を取る必要があるわけです。
 
それ以外、「今の自分」を
判断することはできません。
 
 
というスタンスを
僕自身とっていますので、
 
 
大量のテキスト
大量の教材
 
これらを渡して、
 
「はい、これをまず学んでね」
 
ということはしません。
 
もちろん、
 
大量のテキスト
大量の教材
 
を必要としている人もいることも
知っています。
 
しかし、多くの場合、買うことで
満足してしまって
 
実は、
買った後、読んだり、聴いたり、視たりしない
 
ということも、よーく知っているんです。苦笑
(言っちゃった。)
 
 
 
なので、僕は、クライアントさんには、とりあえず、
形にすることからはじめていきます。
 
 
形にするとは、コトバにしていくことです。
 
コトバにすることで、相手に認識されるようになり、
評価を受けることが出来るわけです。
 
必要なことは、都度、Google先生にきくなり、
知っている人、既に出来ている人に聞けばよいじゃないですか。
 
 
というステップで進めていくので、
僕がサポートをさせて頂く方の成果って
めちゃめちゃはやい訳です。
 
当然ですよね。
 
 
やっぱり、何かしら成果
が出てくると、人間は楽しくなるものなんです。
 
「この楽しくなってくる」感覚さえ掴んでしまえば、
あとは勝手にグングンと進めていくようになります。
 
 
 
「そうか!そんなことで、良いんだ!!」
 
という実感を得ることが出来ることと思います。
実は、この実感がとても大きなポイントになります。
 
 
これは、
お勉強を続けていては、絶対に実感できないことです。
 
 
「お勉強」だけでは、相手からの評価を
受けていないわけなので、知的欲求を満たす意味での、
「そんなことで、良いんだ!!」でしかなく、
 
相手から何らかの評価を受けた
「そんなことで、良いんだ!!」とは
全く次元が違います。
 
 
 
じゃあ、どのように形にしていくのか?
 
 
*先ほどもお伝えしたように、
 
大量のテキスト
大量の教材
は、ありません。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 
 
 
あなたのビジネスを好転させる、「3つの数字」とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain