世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

色々学んでは、きたものの・・・

f:id:dai88:20180428225827j:plain

 

 

皆さん、本当によく色んなことを学ばれていて、
色んなことをよくご存知だなあ・・・
 
とつくづく感じます。
 
 
ただ、その学びそのものを何か実践したり、
学んだことから、何かしらの成果を得ているか?
 
というと・・・
 
回答を、しにくい方が多いようです。
 
どんなことを学んでいるのですか?とお聞きすると、
よく言う、
 
枝葉
の話なんですね。
 
 
枝葉が全く不要といっているわけではもちろん
ありません。
 
ただ、枝葉ばかりに気を取られて、
本当に重要な
 
根っこ・幹
 
が、放ったらかしに
なってしまっているわけです。
 
 
インターネットの発達によって、
 
「学びやすさ」は格段にアップしました。
 
学びやすさとは、言い換えると、
情報を摂取すること(=インプット)
 
 
それは、
根っこ・幹なのか?
枝葉なのか?
 
この区別がつかないと、
情報を得れば得るほど、
混乱していき、さらに得たい成果が
遠のいていくということにもなりかねません。
 
遠のいていくから、焦りが生まれ、
さらなる情報
真新しい(そうにみえる)情報
 
を求めるがゆえに、さらなる焦りが生まれ・・・
と。
 
 
確かに、それまで知らなかったことを知ったり、
新たな世界を知ることそのものは、
非常に楽しくエキサイティングなものだとは思います。
 
ただ、そもそも何のための学びなのか?
 
「学ぶこと」のみをしていれば、
当然ながら、失敗をすることもないでしょうし、
成果が上がらず、傷つくこともないでしょう。
 
 
しかし、傷つくこともない代わりに、
ただ学びのための学びだけでは、
得られることも、限られることでしょう。
 
単に、
知的欲求を満たすため
 
という方も中にはいらっしゃるかもしれません。
 
 
得られること
成果
は、もちろん人それぞれあるとは思います。
 
この、人それぞれである成果は、
自身の価値観であり、
自分感覚がベースにあるはずです。
 
ここをまず、明確化することで、
自ずと必要な情報、
不必要な情報の選別が即座にできるようになります。
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain