世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

これがあれば、食いっぱぐれる心配は不要です。

f:id:dai88:20180421205803j:plain

 

 

これからは、英語くらい話せた方がいい
これからは、○○の資格が必要だ
これからは、ITのスキルくらい必要だよね・・・
 
などなど、様々なスキルが必要と言われています。
 
様々なスキルがある中で、僕自身が考える、
食いっぱぐれがないスキル。
 
それは・・・
 
「書くこと」です。
 
ただ、「書く」といっても、一生モノのスキルに
するためにはちょっと、視点を変えます。
 
 
それは、「人を動かすための文章を書く」ということです。
 
この【人】を動かすとは、
 
【自分】と
【他人】
 
を指します。
 
 
まず、「自分を動かす文章」とは何か?と言いますと、
僕の発信のメインテーマである「生きたいように生きる」
に非常に密接に関連しています。
 
 
「生きたいように生きることが出来ていない人」
の共通点として、そもそも
 
「自分の生きたいように」が
不明確な場合がほとんどです。
*決して、能力やスキルではありません。
 
だから、「何をしたら良いか分からない・・・」
という状態に陥ってしまいます。
 
 
では、どうしたら良いか?と言いますと、
「自分の生きたいように」を明確にする必要があるのです。
 
「この明確にすること」ということが、コトバにすること、
文章にすること=「書くこと」なんです。
*僕は、言語化と呼んでいます。
 
 
コトバや文章になっていない、不明確な状態では、
具体的に何をしたら良いかが分かりません。
 
 
たとえば、自由。
 
単に自由になりたい・・・
といっても、自由な状態の定義だって、人それぞれ。
 
会社からの自由なのか?
国からの自由なのか?
精神的な自由なのか?どんな状態?
経済的な自由なのか?いくら位?
 
定義自体をしていくことが、書くことでもあるわけです。
もちろん、辞書的な意味での自由ではありません。
 
 
あなただけの定義
である必要があります。
 
 
「あなただけの定義」というのが、ポイントで
この定義は、あなたの価値観と、非常に密接な関係があります。
 
「価値観」といわれても、あまりピンとこないかもしれませんが、
ワークショップの方で、詳しくお伝えしていく予定です。
 
 
「一生もののスキルを獲得したら、どんな生活をしたいか?」
がコトバにできたら、
 
「じゃあ、具体的に」何をしていくか?
 
このあたりも、書くことで明確になり、
今日、何をするか?
今週、何をするか?
今月、何をするか?
 
が自ずと決まってくるわけです。
*同時に、何をしないか?もとても
大切なことです。
なぜなら、時間は有限だからです。
 
 
きちんとコトバや文章になっている「生きたいように」は、
具体的に何をしていけば良いかが、明確になります。
何をしていけば良いか?が明確になったら、やるべきことを
淡々とやっていけば良いだけです。
 
 
「人の脳の構造上」、コトバや文章になっていないものは、
認識をし辛いのです。
 
認識をし辛いとは、結局、やることが曖昧なままということです。
 
もちろん、映像が画像などで認識も出来ますが、
あくまでイメージでしかありません。
 
さらに、コトバになっていないことは、具体的に何をして良いか
分からないというだけでなく、そもそも何もないものなので、
修正すらできないのです。
 
 
だからこそ、「書くこと」を通じて、
明確化していく必要があるのです。
 
「書くこと」を通じて、明確化させることで、
自分を動かしていくことが出来るようになります。
 
 
自分を動かすことが出来るということは、
自分が生きたいように生きることが出来る
ということにつながります。
 
 
実際、これまで僕がサポートをさせて頂いた方々の中でも、
きちんとコトバにできている人は、得たい成果を実現しやすい
傾向にあり、逆にうまくコトバに出来ない方は、なかなか
成果に結びつかないという傾向があります。
 
漠然としたコトバでは、漠然とした成果にしかなりません。
明確なコトバであれば、明確な成果を得ることができます。
 
 
さらに、書くことは、「生きたいように」のような、
生きていくための【方向性】だけでなく、
「そもそも自分はどんな人間なのか?」と、
自分自身を知ることにもなります。
 
 
自分自身を知るといっても、きちんとコトバになっていないと、
知っているとは言えません。
それでは、何となく、知っているだけです。
 
 
「自分自身を知る」とは、どのようなことか?と言いますと、
自分の活かし方が良く、分かるようになるのです。
 
 
自分の強み、弱み
どんな状況の時に、自分を活かすことが出来るか?
逆に活かせない状況とは、どんな状況なのか?
何が好きで、何が嫌いなのか?
どんな時に心地よくて、どんな時に心地悪いのか?
 
などなど、「自分を知ること」で、自分自身を、
うまく動かしていくことが出来るようになります。
 
つまり、自分自身を客観視できるようになるということ。
 
自分自身を、うまく動かしていくことが出来るとは、
得たい成果をはやく、確実に得ることが出来るようになる
ことでもあります。
 
 
ここまでが、「自分を動かすこと」についてです。
ちょっと、長くなりましたので、明日に続けます。
 
 
P.S.
オンラインワークショップ~GENGOKA
 
詳細ご希望の方は、
下記よりお知らせください。
 
ご案内は明日まで
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain