世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

いつまでも、自宅周辺をウロウロと

f:id:dai88:20180416214745j:plain

 

 

ゴール設定、つまり行き先を決めることの
重要性は、なんどもお伝えしているけれど、
ほとんどの人が、そもそもの
 
ゴール設定
行き先
を決めることが出来ません。
 
当然、ゴール設定、行き先を決めることが
出来ていないと、どこへもたどり着けません。
 
 
たとえていうならば、とりあえず自宅を出たものの、
「この行き先が決まってい」ないということは、
行き先が分からないので、いつまで経っても、
自宅周辺をウロウロとしている状態です。
 
逆に、
いつ
どこへ
 
ということが決まれば、
何時に起きて、支度して、最寄り駅に何時について・・・
とか、行き先によっては、あらかじめ飛行機のチケットをとったり、
ホテルを予約したり・・・と、具体的なアクションが諸々、
決まってくるわけです。
 
これは、行き先が決まるからこそで。
 
 
僕の日々のメルマガ・ブログをお読み頂いたとしても、
結局、理屈を理解しているだけでは、どーにもなりません。
 
あー、なるほどね。
そーゆーことなのね。
 
じゃ、どーにもならないことは、
理解しているはずです。
 
 
実は、この理解ということも大きなポイントで、
情報は沢山、知っていても、
(なんとなく)理解しているだけに留まっていて、
 
 
自分のコトバになっていない、
「自分ごと」(=どこか他人事)として
捉えきれていない
 
 
ここが、非常に大きな問題点であるわけです。
 
 
自分ごととして捉えきれていない
どこか他人事
 
これは、自分感覚とズレていることでも
あるわけですが。
 
具体的に、
自分なりのコトバにしていく(=言語化)していくからこそ、
ゴール(行き先)に一歩でも、二歩でも近づくことが出来るわけです。
*当然、ゴールを明確化することも含め
 
 
じゃあ、
 
なぜ、ゴール(行き先)の言語化が出来ないか?
 
どうしたら、ゴール(行き先)の言語化が出来るか?
 
とりあえず、決めてみたものの、
その一歩を踏み出せないのはなぜ?
 
どうしたら、自分なりのしっくりくる
コトバ(言語化)にしていくことが出来るのか?
 
などなど、僕から課題をお出ししながら、
 
自分ごと(あなた自身のこと)として、
 
一緒にコトバにすること(言語化)を進めていく
オンラインワークショップを開催します。
 
 
詳細ご希望の方は、
 
コトバと戯れる、オンラインワークショップ~GENGOKA

下記よりお知らせください。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain