世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

出来ているのに、出来ていない?

f:id:dai88:20180407210756j:plain

 

 


ジョハリの窓って、ご存知ですか?


=======================

ジョハリの窓(ジョハリのまど、英語: Johari window)とは
自分をどのように公開ないし隠蔽するかという、

コミュニケーションにおける自己の公開と
コミュニケーションの円滑な進め方を
考えるために提案された考え方。

1955年夏にアメリカにて催行された
グループ成長のためのラボラトリートレーニング」席上で、
サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) と
ハリ・インガム (Harry Ingham) が発表した
 
「対人関係における気づきのグラフモデル」を
後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。

wikipediaより引用

=======================
 
1.開放の窓(自分はわかっていて、他人にわかっている)
2.盲点の窓(自分はわかっていない、他人にわかっている)
3.秘密の窓(自分はわかっていて、他人はわかっていない)
4.未知の窓(自分はわかっていない、他人はわかっていない)




ジョハリの窓のうち、

2.盲点の窓(自分はわかっていない、他人にわかっている)
にポイントがある。
 
盲点Bも同様で。
 
 
 
自分がやろうとしていること、
あるいは、できていると思っていることでも、

他人から見たら、
全くできていない場合もある。
 
 
逆に、既に出来ているのに、
自分では、全く出来ていないと
思い込んでいる場合もあります。
 
自分じゃ気づかないから、盲点。
 
 
せっかく出来ているのに、
出来ていないと思いこんでいて、
 
必要な人に伝わっていない、
そもそも、伝えようとすらしていない
 
非常に、モッタイナイと思いません?
 
 
P.S.
 
「生きたいように、生きる!」を実現するために必要な、
ビジネス構築法とは?
 
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain