世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自分に合った、

f:id:dai88:20180324125301j:plain

 

 

自分に合った、仕事
自分に合った、働き方
 
自分に合った、○○
 
 
何でも同じですが、そもそも
 
「自分に合った」ということが
何なのか?を知らずに、
知ろうとせず(?)
 
【外】ばかりをみて、探そうとしているから、
自分に合った○○が分からないし、みつからない。
 
 
たとえば、背が高いから、
 
バスケットや
バレーボール
をやるというのも、
自分は背が高いということを
知っているからこそ出来る。
 
*もちろん、背が高いという要素だけで
どうにかなることではないですが、
たとえとして。
 
 
じゃあ、背が低いから、
 
バスケットや
バレーボール
 
が出来ないか?というと、
背が低いとしても、低いなりの
関わり方があるわけで。
 
何をする、この場合でいう
 
バスケット
バレーボール
 
を選択した上で、選択したことに対して、
どう関わっていくか?までが、自ずと決まっていく。
 
 
なので、そもそもは、
 
自分を知ること
 
であるのだけれど、
 
自分を知る
といっても、それ自体が目的化してしまって、
ずーっと自分探し(?)をしていても、
本末転倒で。
 
【外】を知りやすくなった、
つまり情報を得やすくなった分、
 
【外】に求め続けることが、
自分探しをすることと混同してしまって、
 
いつのまにか、訳がわからなくなって、
混乱してしまう。。。
 
 
この混乱は、どうしたらよいか?というと、
 
どんな些細なこと=フトしたこと
 
でも、とりあえず、
 
片っ端からやってみる
徹底的にやってみる
 
やってみて、さらに自分が分かる
 
あ、これはしっくりくるな。
あ、これは思っていたのと、
違ったな
 
と。
 
 
もの凄く、当たり前の話をしていますが、
 
○○をしようと思っているんです
 
といいつつ、もう何ヶ月も経ってしまっている
くらいなら、
 
今日
まさに、「今」
 
とりあえず、やっちゃうと良い。
 
 
 
やる前の「自分を知る」より、
やった後の「自分を知る」の方が、
 
「知る」
 
量も
深さ
 
が、何倍も変わってくる。
 
 
 
やることで、
さらに、自分を知って、深めていくことが
出来るのだから。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain