世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

その状況を認めるか否か。

f:id:dai88:20180318201406j:plain

 

 

絶望することと
絶望的な状況を認めること
とは、全く違う。
 
 
 
絶望することは、
自分を客観視できていないけれど、
 
絶望的な状況を認める場合は
自分の置かれた立場を
客観的にみることが出来ている。
 
ちょっと、俯瞰しているというか。
 
 
絶望と認めてしまった方が気が楽になるばかりか、
その状況は状況として、
 
んじゃ、どうしようか?
と、一旦、落ち着けるコトが
出来るとも言える。
 
その方が、状況を打開できるアイデアだって、
冷静に考えることが出来るだろうし。
 
 
 
絶望に限らず、
自分の望まない状況になった時に
 
その状況になるのか
その状況を客観視するのか
では、全く変わってくる。
 
 
 
 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

 

 

■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain