世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

分断された知識を、さてどうする?

f:id:dai88:20180316214857j:plain

 
 
得た知識を、どう活用していくのか?
 
これは、全体像の話。
 
 
たとえば、
ブログを書く
 
といっても、じゃあ、そこから
何を、
どのように繋げていくのか?
 
どんなことを考えながら、
ブログを書いていったらよいのか?
 
 
一生懸命に勉強したり、
学んだりしていても、
 
なかなか成果に結びつかないのは、
「実践していない」というのは、当然として、
 
そもそも、その実践を何からしたらよいか?
分からなかったりで。
*だから、とりあえず行動しろ!とは
決して言いません。
 
 
で、なぜ分からないか?というと、
全体像がみえてない、
 
つまり、得ている知識が、バラバラな状態で、
それぞれの知識が、
 
うまく結びついていないんですね。
 
知識の「総量」は、沢山あったとしても。
 
何をしていいか分からないという人は、
意外と知識量は、あったりするもの。
 
 
じゃあ、なぜそうなるか?というと、
「外」にばかり、意識が向いてしまっている
からだと思うのです。
 
あっちにも
こっちにも
 
意識が向いてしまって、振り回されっぱなし。
→つまり、外向き
 
 
逆に、「内」に意識が向いていれば、
そもそも何が必要なのか?
さらには、何が不要なのか?
 
が、スパッと分かる。
 
スパッと分かるから、
得ていく知識も一貫性が出てくるし、
諸々が繋がっていくという感覚を実感できる。
 
繋がっている感覚を実感できるからこそ、
ひとつひとつのアクションも、
自信をもって進めていくことが出来る。
 
別に知識そのものが少なくても、
それぞれの知識が
 
有機的に結びついて、
たとえるならば、
 
いくつかの歯車が、
カチッと噛み合って、
全体が動いている
 
そんな感じ。
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain