世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自己肯定感と、お金の出し入れ。

f:id:dai88:20180214175016j:plain

 

 

お金を
 
出すことも(支払う)
入ることも(得る)
自己肯定感の表れで、
 
 
自分にはこれくらいが相応しいと、
勝手に思い込んで
 
 
食べるもの
着る服
身につけるもの
住む場所
付き合う人
仕事
 
などなど・・・
 
 
意識している、
していない限らず、
 
自分はこの位が
 
相応しい
ちょうどいい
 
ということを、日々、
選択している。
 
 
自分は、所詮、この位と。
 
 
選択していることすら
意識をしていなくて、
 
固定的に考えて、
 
「この位」ということを、
 
ずっと続けていたりする。
 
 
続けることも出来るし、
続けないことだって出来る
 
はず。
本来は。
 
 
 
つまり、
 
どちらも選択できる
のに、自分はこの位だ、と
 
決めつけ
思い込み
 
をしているだけ。
 
 
もしくは、親などから、散々、
言われて来たことなどが、
如実に反映されたり。
 
 
お金はひとつの
バロメーターであって、
 
自分が自分をどのように
捉えているか?
 
がお金にも現れてくる。
 
 
 
当然ながら、
 
たくさん入ってきたり、
たくさん出すことが
 
良いとか悪いとかではなく。
 
 
自分にどれだけ許可
(=肯定・OKをしているか?)
 
 
さらに、
出さなきゃいけない
入れなきゃならないって
ことではなく、
 
出すことも出来るし、
出さないことも出来る
 
同様に、入れることも出来るし、
入れないことも出来るし。
 
という感じ。
 
 
で、ここからが本題なんだけれど、
*前フリ長い?
 
ビジネスをするのって、
この自己肯定感という
側面からみると
 
とても興味深いものになるということ。
 
 
どういうことか?というと、
自分の幅を広げていく
ことにつながるということ。
 
 
たとえば、会社に勤めていて、
毎月の給料がこの位という
 
思い込み
 
が前提にあって、今の給料。
 
 
たとえば、専業主婦だとして、
パートとかしていたり、
していなかったりするかもしれないけれど、
 
これも、この位という
 
思い込みがあっての、今。
 
 
 
一方で、
 
もっと多く
 
入って当然の自分
出して当然の自分
 
という
 
思い込み
だって出来るはず。
 
 
 
1万円すら、自分で得られないと思っていた人でも、
幅を広げていき、
思い込みを書き換え、
自己肯定することで、
 
 
1万円を自分で得られるようになり、
 
さらに、
 
10万円
100万円
 
としていくことが出来る。
 
この辺りって、
一旦、分かっちゃうと、
 
誤差の範囲でしかない
 
んです。
 
 
これも、毎度お馴染みの、
 
現実は、内面の結果
 
でしかないんです。
 
 
 
こんなことを、ビジネスを通じて、
体感していくことが出来るし、
 
思い込みを外していく
過程そのものだったり、
仮に同じものをみても、
これまでとは全く異なった景色にみえたり
 
ということが楽しめる
 
これがビジネスの醍醐味だと思うのです。
 
 
 
 
 
出す
入る
 
の絶対額も、うまい具合に出来ていて、
 
数万単位の人は、
出す
入る
も数万単位
 
 
だし、
 
 
数千万単位の人は、
出す
入る
も数千万単位
 
ということ。
 
 
得たい単位(金額)を
意識する人は多いけれど、
 
じゃあ、その単位(金額)を
 
何に出すのか?
 
そもそも、その単位(金額)を
出したことがあるのか?
 
 
入ってないものを、
出しようがないじゃないか!
 
と思うかもしれませんが、
 
出そうと決意したり、
実際に出してみたりすると、
 
意外と、入ってくるものなんです。
 
やっぱり、
世界は逆説で出来ているんです。
 
 
今回の話をスルッと理解すると、
 
下手なお金の稼ぎ方(苦笑)
 
何かを求めたり、得ようとするよりも、
よっぽど効果があります。
 
 
僕も、これまで散々、
 
稼ぎ方
 
をお伝えしていた時期があったのですが、
どうしてもうまくいかない事例があったんです。
 
あったのですが、うまくいかないのは、
 
頭の良さとか、
知識不足とか、
経験値とかではなくって、
 
今日、お伝えしたようなことを
理解しているかどうか?の違いだったり
するんです。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
 
 

f:id:dai88:20180118121801j:plain