世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

頑張る人は、偉い人?

f:id:dai88:20180108060503j:plain
あの人は、頑張っているねぇ〜
 
多くの場合、人を褒める意味合いで使うことが多い。
 
もちろん、頑張ることを否定している訳ではなく、
やりたいコトは、単にやればいいとは思うけれど、
どーしても気になるのは、
頑張ること、そのものに逃げること。
 
 
頑張るというコトバの裏には、どうしても自分に
負荷をかけることが含まれているような気がする。
 
 
もっと、ゆるくした方がいいのではないか?と。
 
 
何のために頑張っているのか?
 
頑張ることで、誰かに褒めてもらいたいから?
頑張っていない自分は、価値がないと感じているから?
一般的に、「それ」をすることで、
評価を得やすいから?
 
 
もし、頑張る理由がこのあたりにあったら、
どこかで頑張ることを、見直しするタイミングが
くるかもしれません。
 
 
頑張ることというか、何かに没頭すること自体を
否定しているのではなく、何か自分の頑張りに酔っているというか、
 
単にやりたいからやっている
そんな感覚でないと、
 
たとえ、傍から
 
頑張ってるね
何て言われたとしても、
「単に、やりたいからやっているだけっすよ」
 
といえるくらいのことがちょうどいい。
 
 
頑張りだけでは、続けていくことは
難しいし。
 
もちろん、負荷をかけることで、
出来ることを広げていくという考え方も
あるかもしれないけれど、
 
じゃあ、何について自分は頑張るのか?
を考えるのならば、
 
頑張らなくても、成果をサクッと
上げやすいものは何か?
または、「頑張る」なんてことを
意識することなく、単にやりたいから、
やっている、
 
ということを、考えた方が良いと思う。
 
同じ「何か?」を考えるのであれば。
 
「考える」と書いたけれど、
ただ、この場合、「考えても」
なかなか出てこない。
 
 
頑張らなくても、成果をサクッと
上げやすいもの
 
は、誰しも持っているのだけれど、
「出来てしまうもの」なので、
自分では気づきにくいから。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「生きたいように生きる」ためには、2つの交点を見つけていく。
じゃあ、2つの交点とは?