世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

ある意味、まともかもしれないけれど、不幸。

f:id:dai88:20171121172559j:plain
自分にとって、
 
辛い
しんどい
 
現実があったとする。
 
ほとんどの場合は、そんな現実に対して、
 
辛い
しんどい
何で、自分だけ・・・
 
と感じる。
 
これは、当然といえば、当然だし、
まともといえば、まともな反応。
 
でも、一方でそうではない反応もある。
 
現実は現実、
でも、その現実に対する
 
反応
解釈
捉え方
 
って、どうとでも出来る。
 
これって、結局、
 
自分の意識の差
でしかない。
 
無意識でいれば、目の前の現実に
そのまま反応をする。
 
辛い
しんどい
何で、自分だけ・・・
 
と。
 
 
でも、意識をすることで、
無意識のときとは全くことなった
反応を選択することだって出来るはず。
 
 
つまり、現実をそのまま、受け取らない。
 
 
勝手に思い込んでいく。
好きなように。
 
これって、何のことか?というと、
毎度、お馴染みの「自分の機嫌を取る」
ってこと。
 
自分の機嫌を取るのって、意識をしないと取れない。
だって、まともな感覚(?)をもっていれば、
現実に反応するものだから。
 
 
ただ、勘違いして欲しくないのは、
たとえば、現実に反応して、
 
つらい
 
と感じるようなことを、無理やり押し込めて、
感じないようにして、自分の機嫌を取るということではない。
 
つらいは、つらいで、感じ取る。
でも、いつまでもつらい、つらいをやらない。
 
フォーカスがあるところが、拡大していくんで。
 
つらいは、つらいで受け止めた上で、
意識をして、自分の機嫌を取っていく。
 
ちょっと、待てよ。。。
と、一呼吸おいて。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践