世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

問題が教えてくれる。

f:id:dai88:20171106124019j:plain

問題=避けるべきもの
問題=起こらない方がいいもの
問題=嫌なもの
 
こんな定義を、ほとんどの方々が持っているかもしれない。
 
 
でも、一方で、「問題」ってギフトだよね。
みたいな、ことを言う人もいて。
 
 
問題は、ただのシグナルで、 
何のためのシグナルか?
というと、、、
 
本来の自分に近づくためのシグナル。
 
 
人生の8割だか9割だかは、
問題解決に費やされている
 
みたいなことを言われているけれど、
もちろん問題の定義にもよるけれど、
ほぼほぼ、人は何らかの問題を解決
するために、日々、活動をしているとも言える。
 
 
そんな、日常的な問題。
降ってわいたような問題。
 
色んな、諸々の問題をひっくるめて、
結局、どんな捉え方をしていくか?
→人生は定義付けできまるんで。
 
 
なので、問題についてご相談なんかを頂いた時は、
まず問題の捉え方から入る。
 
そもそも、それは問題なのか?
その問題は、あなたに対して
何のシグナルを送っているのか?
*と、同時に、そもそも「どう在りたいのか?」
 
 
そして、そのシグナルから、
何を
どのように
考えて、進めていけばいいか?
 
 
解決策、ドンっ!
みたいなことをどうしても人は追い求めがち
だけれど、このパターンがしみついてしまっているからこそ、
ちょっと視点をずらした方がいいと思うんです。
 
問題が起きた!
解決しなきゃ!
 
というのが、通常運転のパターン。
 
だけではなく、
 
問題が起きた!
*ちょっと、待てよ・・・ここで一呼吸!!
何かのシグナルだ!自分に近づくためのチャンスだ!
どう問題に向かっていこうか?
 
こんなパターンでもありだと思うんです。
 
 
問題が起きたら、とりあえず検索して、
解決策らしきもの、コタエらしきもの
を探してしまいがちだけれど、
そんなパターンでどうにかなるうちは、
まだ良いと思う。
 
でも、そんなんじゃ解決出来ない問題だって、
降り掛かってくる。
 
それは、自分自身のステージが上がれば、
上がるほど、適した問題が
 
ホイッと
目の前に現れるから。
 
何のために?
 
もっと、本来の自分に近づくために、
視点をガラリと変える必要があるからこそ、
問題が起きる。
 
 
こんな感じで、視点をずらしていくことで、
 
 
もう、八方塞がりで、どうにもならない・・・
打ち手なんて何一つ残ってない・・・
 
と思われるような状況であろとも、
フト、ナイスなアイデアだって
浮かんでくるものです。
 
火事場のクソ力みたいな感じで。
 
 
このナイスなアイデアが浮かぶ
そして実行していくことで、
また新たな自分の側面を知ることに
つながり、さらにステージが上がって、
また新たな問題が湧いてきて・・・苦笑
 
結局、こんなことの繰り返しじゃないですか。
 
 
人生の8割だか9割だかは、
問題解決に費やされているのだから。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践