世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

あなたにとって、つかえているコトは、何ですか?

f:id:dai88:20171014180938j:plain

 
喉に刺さった小骨のように、何だか分からないけれど、つかえていることを、外に出してみる。
 
 
何だか分からない、モヤモヤ。
モヤモヤだから、コトバにしづらい。
 
しづらいけれど、だからこそ、コトバにしてみる。
 
それは、真っ白な紙に文字や絵、図などで、取り敢えず、思いつくままに、書きなぐってみる。
人にあれこれ話してみる。
 
これだって、立派なアウトプット。
つかえているものを、つかえたままにせず、
取り敢えず、外に出す。
 
 
何かをすることで、「フワッ」と気持ちが楽になる感覚を覚えることがあると思う。
で、その感覚を覚えるのは、つかえているものを、とりあえず外に出すことが、意外と有効だったりする。
 
 
それは、自分自身でコトバに出来たとき、自分自身ではコトバにできていないけれど、読むことで、「あー、分かる!」という感覚だったり。
 
 
 
何でも良いと思いますよ。
ご自身が、フワッと軽くなることであれば。
 
何かつかえを感じたり、重苦しさを感じたら、
「これをするとスッキリする」
「これをすると、気分が軽くなる」
 
そんなことを、ひとつかふたつ持っているだけで、
生きやすさは、断然変わってくる。
 
 
何だか、重苦し感じがあるならば、その重苦しさを手放すサイン。
この「つかえ」は、これまで持ち合わせていた、自分の思考パターンの
【クセ】を手放すサインでもある。
 
悩ましいのは、自分はクセと認識出来ないことがほとんど。
クセは人から指摘されて、はじめてクセと認識出来る。
認識できたら、もうクセではないから、単に意識して
修正していく。
 
得たい成果を得られないのは、能力とかスキル以前に、
得たい成果を得るための思考パターンになっていないだけ。
 
たまたま、何のきっかけか、これまでの思考パターンを
ずっと引きずったままで、
 
うーん、成果が得られないなぁ・・・
 
と。
 
行動を変えようとしてしまうけれど、行動を決めていくのは、
やっぱり思考パターン。
この思考パターンは、あらゆることに対する定義付けなんかも含む。
 
前回の自分を認める練習なんかも、当然、含まれる。
自己肯定感って、何をするにも、とっても大事だから。
 
P.S.
是非、あなたの「つかえていること」をコトバにして、
よろしければ教えてください。
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践