世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

これでいいのだ。自分を認める練習

f:id:dai88:20171013183113j:plain

 

 

わしは バカボンのパパなのだ
この世は むずかしいのだ
わしの思うようにはならないのだ
でも わしは大丈夫なのだ
わしはいつでもわしなので 大丈夫なのだ
これでいいのだと言っているから 大丈夫なのだ
あなたも あなたで それでいいのだ
それでいいのだ
それでいいのだ
わしはリタイヤしたのだ
全ての心配から リタイヤしたのだ
だからわしは 疲れないのだ
どうだ これでいいのだ
これでいいのだ
やっぱりこれでいいのだ
 
 
 
バカボンのパパの「これでいいのだ。」
シンプルでいて、非常に深い。
 
小さいころ見ていた時は、全く感じ取ることが出来なかった、
深み。。。
 
 
結局、自分が楽になる思考・定義を自分で選択していくか?
それとも、自分を苦しめる思考・定義を自分で選択できるか?
 
この話が分かる・分からないということだけにとどまらず、
「自ら選択できる」という感覚を持つことが大事。
 
つまり、
自分を認める練習
 
を日々していくイメージを持つ。
これが、結果的に、自分の機嫌をとることでもあり。
 
 
何か、強烈な体験やコトバに出会って、
バーンと自分を認めることが出来るというわけではなく、
ほんの些細なことを日々、積み重ねていって自分を認めていく
 
そんな感覚が必要なのではないか。
 
これでいいのだ。と、
100パーセントそうは思えなくても、
「もしかしらら、そうなのかもしれない」
とうっすらとでも感じ取ることが出来さえすれば、
それ自体が自分を認める一歩になるし、
その一歩を踏み出しさえすれば、
あなたが本来備わっている力を発揮できることにも
繋がる。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践