世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

どれだけ、ものごとをシンプルに捉えるコトが出来るか?

f:id:dai88:20171012203334j:plain

 
 
結局、難しく考えようとすれば、いくらでも難しく考えることが出来る。
難しいことを、難しくしているのは、他でもなく自分自身。
 
さんざん、難しく捉えた挙句、グルっと回って、シンプルに捉えられるようになったり。
 
 
これは、人に何かを伝えるコトに関しても同様で。
 
難しいことを、難しく伝えるのって、それほど難しいことではなく。
一見、難しいことでも、それを簡単に伝えたりすることは、意外と難しい。
 
 
これは、僕自身、日々、こうして書くことでトレーニングされているとも思っていて。
やっぱり、複雑だ、難しいと捉えていたら、いくらでも難しく捉えることになる。
 
 
で、この捉え方(定義付け)で人生は決まるんです。
やっぱり。
 
生きていれば、色んなことが起こるじゃないですか。苦笑
 
であれば、いちいちそんな現実に振り回されていても、キリがないわけです。
現実をみない、放置するという意味ではなく。
 
もっと、根本的な部分、自分の軸となることをきちんと確立していくためにも、やっぱり、捉え方・定義付けを自分自身に根付かせていく習慣をもつことは、何をおいても、重要なことだ思うのです。
 
で、この捉え方・定義付けといいうのは、「あなた自身の辞書」をつくっていくイメージ。
つまり、僕がこうして日々、アウトプットしているのも、自分自身の辞書を毎日、毎日、編んでいるようなものなんです。
 
 
辞書といっても、ボキャブラリー云々ではもちろんなく、シンプルなコトバほど、自分なりの定義付けを。
自分なりの、価値観に基づいて。

ご提供しているワークは、このあたりを結構、しつこくやっていきます。
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践