世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

修正のお知らせ。

f:id:dai88:20171003082557j:plain

目の前で起こることが、
 
辛くて
しんどいことばかり。
 
だから、もうそんな現実から逃げたい。
もしくは、そんな辛くて、しんどいことが起きないようにするためには、どうしたらいいか?
 
 
もしかすると、そんなことを考えている方もいるかもしれません。
 
しかし、残念ながら、今後、生きていく上で、何ら問題が起きないということは、あり得ないし避けることはできない。
 
じゃあ、どうするか?
 
問題が起きたときの対処法を、自分で確立しておくしかない。
 
それは、問題に対する、解決策がどーのこーのということではなく、問題に対する、自分の対峙の仕方。
 
 
もう少し具体的にいうと、
 
つらいな
しんどいな
 
と目の前で起こった問題や現実に振り回されるのではなく、その問題を引き起こしたであろう、内面について観察してみるということ。
 
なぜなら、現実は、内面の結果だから。
 
つまり、問題という形で、あなたの目の前に現れて、
 
内面を修正するタイミングですよ
 
というお知らせでもある。
 
何のためか?
 
もっと、自分として生きていくため。
 
 
目の前で起きた問題が大きければ大きいほど、
 
あぁ、もうこれで何もかも終わりだ
やっぱり、何をやってもうまくいけがない
 
と現実ばかりに目を奪われ、問題に振り回されている典型。
 
 
こんな時だからこそ、理想の状態に想いを馳せて、こんな状態から、どんな状態になっていきたいか?
そして、自分の機嫌を取っていく。
 
なぜなら、現実は、内面の結果だから。
 
そうすると、フッと気持ちも軽くなり、機嫌だって良くなるはず。
 
機嫌が良くなれば、現実だって呼応する。
 
 
何度か、こんな体験をしているうちに、問題に対峙する感覚だってつかめてくる。
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践