世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

自己否定という、思考パターン。

f:id:dai88:20171002085001j:plain

 
自己否定って、何においてもプラスに作用することってあまりない。
 
これは、単にお気楽な感じで、ポジティブでいこう!
なんてことでは決してなく。
 
 
自己否定
 
出来ない部分
駄目な部分
 
あって当然ですよね?
 
その「ない部分」にフォーカスしてしまうからこそ、自己否定のループがはじまる。
 
別に、ないものは、ないでしょうがないですよね?
 
ないものはないで、進めていくにはどうしたらいいか?
それは、ないけど、あるものは何か?
じゃあ、そのあるものを活用していくには、どうしたらよいか?
 
 
こうして、ひとつひとつ、丁寧にやっていけばいいと思うんです。
 
これを、自分の中のホンの一面だけを切り取って、自己否定していたら、生きるのがしんどくて当然。
 
ない→ない→ない→ない・・・
 
自分には、
これもない。
あれもない。
 
あの人には、
これもあるのに。
あれもあるのに。
 
 
この恐怖の無限ループにハマりこんでいくわけですから。
 
自分にあるものは何か?
「あるもの」に意識を向ければ、その活用法だって自ずとみえてくるはず。
ここでいう、「あるもの」とは、あなた自身の「強み」
「強み」とは、何かトレーニングなどして出来る様になったことではなく、なぜか分からないけど、出来てしまうこと。
 
で、この「強み」とあなたの理想の状態(ライフスタイル)との交点をみつけていくんです。
ここでいう理想の状態(ライフスタイル)は、毎度お伝えしているように、現在や過去などは一切無視です。
 
なぜ、無視か?
 
というと、結局、現在や過去を考慮してしまうと、今の延長線上でしかモノゴトを考えることが出来ず、あまり
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践