世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

コンテンツを コミュニケーション に変える。

f:id:dai88:20170926121024j:plain

 
 
コンテンツって、コンテンツ単体でどうにかするというよりも、発信してそのコンテンツをみた相手と、「コミュニケーションのきっかけづくり」という感覚を持つことって、とても大事で。
細かなノウハウはたくさんあったとしても、実はコンテンツそのものというよりも、コミュニケーションをとっていくということを、大前提に設計をしていくと諸々、好循環に変わっていく。
*このあたりの意識がまったくなく、単にブログを更新するだけでは、残念ながら何も起きない。
 
 
何かしら、あなたが発信したコンテンツに相手が反応した時、相手があなに強烈な興味・関心を抱くようになる。
 
これは、コントロールできるものではなく、コントロール出来ない、自分自身では些細なことであると思っていることほど、意外な反応が返ってくるもの。
 
盲点Bと読んでいるのだけれど、結局、頭の中だけに留めておいては、誰もあなたの頭の中のことを認識することは出来ないのだから、まずは外に出す(アウトプット)しかない。
 
 
で、コミュニケーションといっても、アウトプットしたコンテンツをきっかけに、相手とコミュニケーションをするというのは、当然なのだけれど、もっと大前提としては、やはり自分自身とのコミュニケーション。
 
 
自分が何を大事しているのか?
自分は今後、どんな方向へ進んで行きたいのか?
そもそも、自分はどう在りたいのか?
 
などなど、自分自身とのコミュニケーションをすることで、 自身の思考の整理でもあり、折り合いをつけていくことでもある。
 
 
この自分自身とのコミュニケーション(対話)が、何よりも大事だと思っているので、情報を受信する側だけでなく、発信する側になりましょうと、常々お伝えしているわけです。
 
受信する側だけであると(大半はこっち)、どうしても色んな「情報を取ること」に偏ってしまって、自分自身を整理することが後回しになってしまう。
自分自身の整理が出来ていないから、余計に混乱して、余計な情報をさらに取ろうとして、また混乱して・・・
 
そりゃ、混乱しますって。苦笑
 
 
だからこそ、日々、アウトプットをしていくことは、ある意味、強制的に自分自身と向き合う時間を確保することでもあると言える。
 
そんな、時間がない?
 
では、お聞きしますが、時間がないような忙しい状況下で、一体、どこに向かっていこうとされているのでしょうか。
 
自分と向き合う時間がないのではなく、向き合ってないから時間がどんどんなくなっていくんです。
逆に、きちんと自分と向き合っている人は、何に時間を使うべきか?何をしていくべきか?ということが明確になるから、時間にだって追われることなどないわけです。
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践