世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

決めていないから、いつまで経っても決まらない。

f:id:dai88:20170921150947j:plain

 
ビジネスをしたいけれど、はじめられない、出来ない人の共通点として、
 
何をしたらよいか分からない
 
ということがある。
 
 
「決めていない」「決められない」から、いつまで経っても【決まらない状態】が続いている。
 
ビジネスをしたいという動機だったり、理由は人それぞれあるとは思うけれど、そんな「決められない」状態だからこそ、1年経っても2年経ってもなにも状況が変わらないまま。
 
それは、すごく当然のこと。
 
決して、スキルとか能力ではなく。
そんなものなくても、決めている人は、サクッと成果を上げていく。
 
 
 
この「決める」という感覚、分かりますよね?
 
 
今、あなたがいる場所から、別の場所へ「行くと決める」から、その別の場所へ行くことが出来るのと一緒。
 
 
ビジネスに関しても同様で、「そこ」へ行こうと「決める」からそこへ行くことが出来る。
じゃあ、ビジネスにおいての「そこ」とは、何か?というと、これも理想の状態のこと。
 
 
そもそも理想の状態はどんな状態なのか?
*ある種のゴール設定
 
からビジネスを構築していくというアプローチ。
 
 
強烈に、「これを売っていきたい!」というモノがあれば、あったでよいとは思うけれど、ほとんどの人にとっては、そんなモノはない。
だから、何を売るとかよりも、何かを売っていくことで、自分がどんな状態で在りたいのか?(=理想の状態)を【先に決める】んです。
 
先に決めるから、必要な情報に気づくようになったり、こんなことしてみよう、あんなことしてみよう
が出てくる。
 
 
結局、この「自分で決める」ということから、あなたが主体的に生きていくかどうか?の分岐点でもあると思う。
 
他人が、
 
これやると稼げるよ。苦笑
 
という話に、乗っかってしまうとか、とかそーゆー話ではないことは分かりますよね?
 
誰でもない、自分で決めていくから、自分の価値観にも、どんどん気づいて、核心に近づいていくんです。
 
 
何をしたら・・・を追い求めてしまほど、「何を」に追い回される。
とりあえず、仮決めでもいいから、決めてしまう。
 
で、とりあえず100円でも1,000円でも、まず何か売ってみる。
 
売ってみることで、見えてくるものがたくさんある。
 
 
100円で売ってみたけれど、相当、数を売らなきゃならないな・・・とか、
そのためには、ここをこんな仕組みにしてとか。
モノを扱ってみたけれど、在庫管理とか嫌だな・・・とか
 
色んなことが、分かってくる。
決めて、実際にやってみるから、分かる。
 
 
実際にやってみて、感じ取ることが一番、正しい。
頭のなかで、あれこれ「繰って」みても、分かるものではないから。
 
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。