世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

他力本願だから、うまくいく?

f:id:dai88:20170901132350j:plain

 
他力本願と聞いて、どんな印象をお持ちですか?
 
どちらかというと、あまり良い印象はないかもしれません。
 
自分の力でやるべきだ
他人に頼るなんて・・・
 
と。
 
 
でも、あなた自身の生活を思い返して頂きたいのですが、ほとんど【他力】で成り立っているはずです。
 
よく例に挙げるのですが、米を食べるために、自分で田植えをしたりしないですよね?
飛行機で移動するために、自分で操縦したりもしませんよね?
 
これは、非常に分かりやすい例を挙げましたが、これはビジネスをする上でも同様で。
どういうことか?といいうと、何もかも自分でやる必要はなく、自分が出来ること、もっというと「強み」に特化する。
 
それ以外は、出来る人、もっと上手に出来る人にお金を払ってでもお願いする。
 
ある意味、割り切りですね。
 
意外と、これが出来ないという方が多い。
何でもかんでも、自分でやろうとする。
 
普段の生活は、ほぼ、他力で成り立っているのに。
 
何ででしょうかね。
 
ここから、アイデアを拡げていくと、色んなものがみえてくるはず。
 
たとえば、
 
YouTubeも、Googleも、airbnbも、Uberも自分たちは、「場」を提供することに徹している。
 
 
 
YouTubeは、自身で動画を作成したりせず、動画の作り手と動画を視たい人とをマッチングする場を提供している。
Uberだって、自身でドライバーをするのではなく、空いた時間を有効活用してドライバーをしたい人と、車で移動したい人とをマッチングするアプリを提供している。
 
 
これらは、枚挙に暇がなく、今後さらに増えていく。
 
ちなみに、僕はある分野に特化した「場」をゼロからつくって、タイミングをみはからって、その事業を売却した。
今から、もう10年以上も前の話。
昔から、他力本願が好きなんです。苦笑
 
 
話を元に戻すと、結局、自分がどの分野(業界)で、どんな立ち位置で進めていくか?
 
まず、この俯瞰というか、大きな視点でみていくことってとても大事。
 
あなたが集中するポイントはには集中して、それ以外は他者にお任せ。
意外なブレイクスルーポイントがみつかるものですよ。
 
■LINE@にご登録頂いた方には、「強みの発見」と「理想のライフスタイル」を明確にするための
ワークシートをプレゼントさせて頂きます。(期間限定)
 
 
■質問、感想など

こちら