世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

それほど、現状に不満があるわけでもないし。。。

f:id:dai88:20170828152359j:plain

 

 

何かをしたい。
でも、それほど現状に不満があるわけでもなく、
困っているわけでもない。
 
なんとなく、何かをしたいとは思うけれど、
力が湧いてこないし、やる気もおきない。
そもそも、何から手を付けていけばよいかすら分からない。
 
意外とこのような人が多い。
 
聞く人が聞けば、何が問題なの?と。
 
 
現状に満足している
これ自体は、とても良いことなのに、
「何かしなきゃ・・・」という
 
 
焦り
歯がゆさ
 
を常に感じている状態。
 
不満をみつけて、それを原動力にするという
ことをすることをしなくても良いのだけれど、
このような状態は、何かをして成果が出ない
ときよりも、ある意味、辛いことなのかもしれない。
 
だって、成果を出したいと思っている時点で、
何かしら向かう先はみえていて、そこへ行こうとする
意思はある状態。
 
でも、不満があるわけでもないのだけれど、
どこへ向けて行けばよいか分からないというのは、
ただ目の前のことを淡々とこなすだけで、
そもそも踏み出す方向性すら、分からない状態。
 
このような状態に陥ってしまう人は、
「考えること」を好む人に多い。
 
「考えること」自体が好きなので、他の人が考えないようなこと
までも考えてしまう。
 
だから、【自分の考え自体】に溺れてしまっているような状態。
 
 
思考の堂々巡りとも言える。
 
 
そもそも、どんな堂々巡りをしているのか?を
吐き出してみて、客観視して、自分のパターンを
把握していくことをしてみる。
 
 
 
 
 
 
■LINE@にご登録頂いた方には、「強みの発見」と「理想のライフスタイル」を明確にするための
ワークシートをプレゼントさせて頂きます。(期間限定)
 
 
■質問、感想など

こちら