世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

ある種のノリの良さ。

f:id:dai88:20170819080438j:plain

 
異なった成果を得るためには、異なったことをする。
これは、当然のことなんだけれど、
 
じゃあ、異なったことは何をすればよいか?
と、また考え込んでしまう。
 
 
何でもいいと思うのです。
これまでと違ったことであれば。
 
違ったことは何か?
それは、自分にとって、本当に必要なことなのか?
やってみて、失敗するんじゃないか?
 
などなど・・・と、頭優位の状態だと、思考の堂々巡りがはじまってしまうんです。
なので、ピンときたら、サクッとやってみる。
 
このある種のノリの良さってとても大事なこと。
 
あなたも振り返って頂ければ、あれこれ考えて、やるやらないを決断したときと、
ピンときて、やるやらないを決断したとき、
 
実は、それほど得られる成果って、変わらなかったと思う。
 
であれば、考えている時間ってもったいない。
とりあえず、やってみることで、100億円かかりますなどのようなことであれば、即出来ないかもしれないけれど、少なくとも今考えている、やるやらないというようなことの大半は、そんなことではないはず。
 
だったら、サクッと、ピンときたこと、直感に従って、やってみる。
この直感は、使えば使うほど、冴えてくるもので、逆に、使わなければ使わないほど、錆びついてくる。
 
さらに、この直感を使うことは、取りも直さず、本来の自分自身に近づくことでもある。
「ピン」とくる感覚というのは、他でもない、あなたしか、その感覚を感じ取ることが出来ないから。
 
 
■LINE@にご登録頂いた方には、「強みの発見」と「理想のライフスタイル」を明確にするための
ワークシートをプレゼントさせて頂きます。(期間限定)
 
 
■質問、感想など

こちら