世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

究極の問題解決法とは?

あなたは、今、何か問題を抱えていますか?
恐らく、何も問題を抱えていないという方が、少数でしょう。
 
 
ほとんど何らかの問題を抱えていて、それをどうにかしなきゃ!と思っている。
わー、問題が起きた!
どうしよう!
アワワワ・・・
大変だ!!
 
その「どうにかしなきゃ!」が、そもそも問題で。
 
 
 
問題を、問題として捉えるか?問題じゃないと捉えるか?
 
 
人からの相談って、相談者本人にとっては、問題なのかもしれないけれど、意外と相談された側からしたら、それってそんなに問題?ってことありませんか。
もちろん、当事者じゃないからそんなことを言えるということもあるかもしれないけれど、当事者云々以前、問題の捉え方だと思うんです。
 
それが問題と捉えるよりも、もっと他に根本的な問題があって、実はその根本的な問題を解決してしまえば、他の問題もドミノ倒しのように解決してしまったり。
で、意外とその根本的な問題というのは、本人の思い込み・強固な定義付けそのものに問題があることがほとんど。
 
~ねばならない
~じゃなきゃならない
 
と思い込んでいるのは、当の本人だけで、実は
 
~ねばならない
~じゃなきゃならない
 
ということって、実はそんな多くはない。
というより、ほとんどない?
 
 
問題の最も根本的な解決法とは、解決策が浮かぶことではなく、
 
これはそもそも問題ではない
 
そう思える、そう捉えることが出来る、心持ち。
 
 
問題を先送りするという意味ではないですよ。
捉え方の問題。
 
自分の中でのしっくりくる感が出てくると、問題を問題ではないと確信を持てるようになる。
 

 
現実は内面の結果
という話にもつなげていきます。
 
 
問題を問題だ!と内面で捉えていれば、当然、その問題がどんどん露呈してくる。
焦点があるところが、拡大するから。
 
 
 
じゃあ、どすればいいか?というとやっぱり
 
どうありたいか?
に焦点を当てる。
 
現在・過去を一切無視して。
 
 
どうありたいか?
に焦点を当ているうちに、問題だと思っていたことが、いつの間にか問題でもなくなっていたり、気づいたら解決していた
 
実は、問題の多くは、そんな感じで解決されているように思う。
 
 
 
 
あなたがゼロからつくった、コンテンツをたとえ少額でも、一つ目を売るということに特化した、プログラムを始めようと思います。
この「一つ目を売る」ということを体感して頂ければ、きっとこれまでとは全く異なった景色を目の当たりにすることになることは間違いありません。
 
是非、「あ、売れた!」を体感してください。
 
 
ご興味ある方は、こちらから。
 
件名:最初の一歩
*本日まで
 
 
 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。