世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

何を売ればいいのか?よりも大事なこととは??

何を売ればいいのか?
 
コンテンツを提供して行きましょうということをお伝えすると、決まって出てくる質問として、
 
何を売っていけばいいか?
自分には売るものなどないです。。。
 
という質問というか、嘆き(苦笑)。
 
 
コンテンツを提供していく上で、どうしてもすごい情報じゃなきゃならない!?
というとらわれ。
 
すごいかどうか?の判断は、あなたではなく、相手なんです。
 
どういうことか?というと、
 
あなたがどんなにすごいコンテンツだと思っていても、
相手が「いやいや、全然、すごくないです。。。」
 
と感じ取られれば売れないし、
 
逆に、あなたが大したことがないと思ったコンテンツだと思っていても、
相手が「お金を出してもほしい!」
 
と感じ取られれば売れる。
 
 
これは、盲点Bということでよくお伝えしていることでもありますし、
売れるポイントってこの盲点Bだけでなく、他にもポイントがあります。
 
で、このポイントを抑えてしまうと、「何を売るか?」って大した問題でないことに気づきます。
 
 
理屈は色々とあれど、まずはひとつでも売れれば、楽しくなってきて、
 
もっとこうしてみよう
今度は、これを試してみよう
 
ってなるんです。
 
 
そうなるためにも、できるだけ早い段階で1,000円でも100円でも、
あなたがゼロから生み出したコンテンツをひとつ売れた!という状態を体感するということが大事なんです。
 
これは、コンテンツメイクに限った話ではもちろんなく、
 
とりあえずのゴールがみえているかどうか?
ってとても大事。
 
たとえば、マラソンだって、
 
42.195キロというゴールがあるからこそ、走れるわけで、これがなく、とりあえず走り続けてくださいと言われたら、心が折れて当然で。苦笑
 
 
もちろん、もっと先のコンテンツメイクをすることで、得ることが出来る、理想のライフスタイルをイメージしていることは大前提です。
 
大前提なんだけれど、誰しも、その最初の一歩が重いわけですね。
 
運動をしなきゃらないのは、分かっていても、ウェアに着替えて、家を出るというのが思いというのにちょっと似ている?
 
 
ということで、あなたがゼロからつくった、コンテンツをたとえ少額でも、一つ目を売るということに特化した、プログラムを始めようと思います。
この「一つ目を売る」ということを体感して頂ければ、きっとこれまでとは全く異なった景色を目の当たりにすることになることは間違いありません。
 
是非、「あ、売れた!」を体感してください。
 
 
ご興味ある方は、こちらから。
 
件名:最初の一歩
 
 

 

 

 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。