世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

生き辛さの解消と、自分の腕で稼ぐことは、両輪。

生きづらさを感じているならば、その生き辛さの元になっている、思い込みや定義付けは何なのか?
その思い込みや定義を、もっと生きやすいように開放してあげる。
⇒整える
 
と同時に、もっと生きやすいように開放した先には、自分のしっくりくる形で自分が得たいように収入も得ていく。
⇒自分の腕で稼ぐことは、自由度を高めることでもあるから。
 
収入の得方だって、今、あなたが何らかの形で得ている方法、今、認識している方法だけが全てではない。
世の中には、稼ぎ方なんて、無数にある。
*無数にあるからこそ、「どれがいいか?」ということからは、考えない。「どれがいいか?」から入るから、混乱する。
 
 
生き辛さの解消(整えること)と、自分の腕で稼ぐこと
この2つは両輪だと思っていて。
 
生き辛さを解消できて、【自分なりの】しっくりくる感覚で生きられれば、自分の力だって発揮しやすいし、発揮しやすければ、より生きやすくもなる。
当然、自分の腕で稼ぐということが、見つけることが出来ることで、生き辛さの解消にだってなる。
 
 
これを、生き辛さの解消(整えること)より先に、
 
稼がなきゃ!
からはじめてしまうと、焦りが焦りを生んでしまうような状況になり、なかなか前に進めるのは難しい。
 
前に、土壌のたとえでお伝えしたとおり。
 
 
 
いずれにせよ、
 
何か生き辛いなぁ、はぁぁぁ
と嘆いていても、何も前に進めることは出来ない。
 
 
だからこそ、まずは生き辛さの解消(整えること)から。
ただ、勘違いをして頂きたくないのは、この
 
まずは生き辛さの解消(整えること)
 
といっても、辛いという現状(目の前のこと)が劇的に変わっているわけではないこと。
そうではなく、内面の変化。
 
なぜだか、分かりますよね?
そう、毎度お馴染みの、内面が現実に反映していくから。
 
 
編集後記
 
今回の話も、毎度お馴染みの話を角度を変えてお伝えしているのですが、「ピン」と来る人は、「あぁ!そういうことか」となるし、まだ「言っている意味が分からない」「全然、ピンとこない」という方も中にはいるかもしれません。

「ピン」と来た方は、大きな転換点になるでしょうし、まだそうでない方は、もうちょっと先なのかもしれません。

といっても、焦らなくても大丈夫です。

明日も、続けます。
 
 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。