世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

沈没船ジョーク

沈没船ジョークという、比較的知られたジョークがある。
様々な民族の人が乗った豪華客船が沈没しそうになる。それぞれの乗客を海に飛び込ませるには、どのように声をかければいいか?
 
 
アメリカ人「今飛び込めばあなたは英雄ですよ」
ロシア人「海に落ちたウォッカの瓶はあなたのものです」
イタリア人「美女たちも泳いでいますよ」
フランス人「決して海には飛び込まないでください」
ドイツ人「規則ですから飛び込んでください」
イングランド人「イングランドが優勝しました」
スコットランド人「スコットランドイングランド勝利しました」
中国人「金塊が沈んでいるそうですよ」
日本人「みなさん飛び込んでいますよ」
韓国人「日本人はもう飛び込んでいますよ」
 
 
赤信号。みんなで渡れば怖くない
行列がさらなる行列を生む
こんなことも、も同じようなことでしょうか。
 
皆がやっていることを選択するという、日本人のほとんどがもっているであろう、選択基準。
 
そこにあるのは、安心感なのか、よらば大樹なのか、他と違うことをするな!という強制力なのか、とにかく、「自分自身の選択基準」がそこにはない。
 
かといって、自分自身の選択基準といわれても、【皆と同じ】に慣れすぎて、自分自身の選択基準すら分からない。
 
僕の発信をお読みの方は、少なくとも今の状況よりも、さらにもっと生きたいように生きたいと思っているはず。
 
であれば、選択基準の大元になる価値観に自ら認識をする必要があるのではないか。
 
 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。