世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

あなたにピッタリな、ビジネススタイルとは?

現在、サポートをさせて頂いている方で、新たなビジネスを構築したいというタイミングの方が数名いて、同じような壁にぶち当たっているようなので、シェアします。
 
ほとんどの方にとって、自分の腕で稼いだことがないと、
 
どんなビジネスをすればよいか・・・
 
という形で入っていってしまいますが、それだとどうしても、あれこれ目移りしてどうしても決めきれないというジレンマに陥ってしまう。
 
たとえば、良くある判断基準としては・・・
 
ネット上や書店などで、○○で稼ぐ方法!
のように紹介されていて、如何に簡単に出来るかが、書かれていたので、自分も出来そうだ・・・
 
という判断基準。
 
その判断基準に関して、良いとか悪いとか言っているわけではもちろんなく、そのような判断基準しかもっていないと、まずひとつとして、【選択の幅】も、狭くないですか?ということ。
 
もう少し、俯瞰してみると、別にその方法じゃなきゃいけない理由はないと思うのです。
ないのだけれど、「何だか簡単そうだから」という触れ込みではじめてみたものの、自分が日々、やっていくには、
 
シンドいな・・・
一体、何をやっているんだろう・・・
と感じたり。
 
 
これって、多くの人が仕事を選ぶ時の判断基準にとても似ていると思うです。
 
世間体が良さそうだから、名のしれた会社に勤めるとか、
小さい頃から、憧れていた、○○(職業名)になる
など。
 
もちろん、それでもいいんですよ。
 
良いのですけれど、大体、理想と現実とのギャップといいますか、自分の力ではどうにもこうにも、コントロールできない部分が多すぎて、無力感に苛まれたり、「このままで、いいのか・・・自分は。」と思い悩んでみたりということが、出て来る。
 
【それ】じゃなきゃ、ダメ!ということがあれば、【それ】をやれば良いと思うけれど、ほとんどの人は、【それ】を持ってない。
 
じゃあ、どうすればよいか?
 
 
おすすめしているのは、理想のライフスタイルから決める。
 
そもそも、何かしらの仕事をするにしても、
 
これこれこんなライフスタイルがしたい
 
から、ということが大前提であったはずだけれど、いつの間にか、その理想のライフスタイルを実現するための手段(=仕事)そのものが、目的になってしまっているパターンが多い。
 
一体、何のために働いているのだろうか・・・
 
これは、まさに、仕事そのものが目的になってしまっているパターン。
 
 
目的は、理想のライフスタイルの、はず。
 
だからこそ、まず、理想のライフスタイルを決めて、そのライフスタイルに合った、ビジジネスを選択していく。
 
ごくごく、簡単な例を挙げると、
 
色んな国を移動しながら、暮らしたいという理想のライフスタイルがあったとしたら、
毎日、同じ場所に行く必要があるビジネスを選択することはありえない。
 
 
でも、多くの場合、毎日、同じ場所に行く必要があるビジネス(仕事)が当然だと思い込んでしまっているので、その狭い選択しの中から、自分の可能性を殺して、敢えて選択をしている。
*やっぱり、ここでも定義付け次第。
 
頭の中では、色んな国を移動したライフスタイルをしたい・・・と思いつつも。
 
 
だからこそ、理想のライフスタイルから決めて、それに適したビジネスを選択していく。
この手順をオススメしている。
 
このあたりの話は、以前、お伝えしたコンテンツメーカーとも、非常に密接な関係がある。
 
 
 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。