世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

お金関連の本を読む10歳。

お金の話って、タブーなんでしょうかね?
タブーな雰囲気、感覚を持っていると、どうしても遠ざけてしまうということが、あると思うのです。
 
 
我が家では、子どもがいても、もちろん、お金の話はします。
 
 
マレーシアにある、紀伊国屋にいったとき、お金に関するを手にとって、長男(10歳)に
「これ、読みやすいから買って」と言われたので、買いました。
なぜだか、気に入って、繰り返して読んでいるようです。
*どうやって稼ぐか?みたいなことではもちろんなく、お金に対する捉え方・定義などについて書かれた本。
 
 
やっぱり、お金の教育といったら大げさですが、そもそもの捉え方や、それこそ定義付け次第なんです。
 
 
お年玉とか、お小遣いとか関係なく、唐突に1万円を、子どもにあげるといい、という話を聞いたことがあって、「なるほど!」と思ったのです。
 
どういうことか?というと、
 
たとえば、お年玉であれば、お正月になればもらえるもの
お小遣いであれば、毎月いくらもらえるもの
 
と子どもながらにも、捉えているのが一般的。
 
 
でも、唐突に、何の前触れもなく、
「はい」と、お金をあげる。
 
 
これで何が学べるか?
 
お金は何かをした対価でなくても、「ポン」っともらえるものだという感覚を養うものであるわけです。
 
思い返してみれば、僕の親戚も商売をやっている家が多く、何かにつけてお金をもらっていたなぁと。
 
で、そんな感覚をもっていると、やっぱり、「お金って入ってくるものなんだ」という感覚を養うことに繋がると思うのです。
 
 
お金は何かの対価として頂く
汗水流して頂く
 
これらの定義も、もちろんあっているとか、間違っているとかでは決してないんです。
 
どの定義を自分の定義とするか?
 
それだけなんです。
 
つまり、やっぱり、内面が現実に反映される
このシンプルなことを理解すれば、どんな定義を自分で選択していくか?自分で決めてしまえばいいんです。
 
このあたりも、頭で分かった
とりあえず、決めた
 
でも、全然、現実が追いついてこない・・・
そう、感じている方もいるかもしれません。
 
この難しそうで、実は簡単。
簡単そうで、実は難しい(難しくしているのは、自分次第)
 
このあたりを、如何に実践をしていくか?
解説します。
 
 
件名:お金のルール
 
 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。