世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

失敗するのが怖いですか?

「失敗するのが怖いです・・・」
という方に、
 
「その失敗って、具体的にどんな失敗ですか?」と聞くと、実は大したことではなかったり。^^;
 
口に出してみることで、失敗を恐れていた人も、「あ、実際、大したことではないですね・・・」と、気づいたりもする。
 
実際に、失敗をしたという話を聞いてみても、それって、本当に失敗なのでしょうか?ということが、意外とある。
 
本人にとっては、大きな失敗なのかもしれないので、もしかすると、失礼かもしれないけれど、その程度で、いちいち、失敗なんて呼んでいたら、なにも出来ないのではないか?
 
 
これもまさに、「失敗」の定義次第で。
 
そもそも、失敗はない!
失敗ではなく、経験を得ただけ
という定義付けをしてしまえば、失敗などないし、
 
一方で、
 
あれも失敗
これも失敗
失敗したくないから、あれもこれもやらない・・・
 
ということも出来る。
 
 
失敗しないことを
 
優先しているあまり、「しないこと」を自ら選択して、得られるであろう成果を、得ようとすることもせずに、これまで通り過ごすことを選択する。
 
 
もちろん、これまで通りがダメというわけではなく、
 
そっちへ進みたいのに、
 
自らつくりだした、失敗に対する恐れ
勝手な思い込み
 
で、進みたい気持ちにブレーキを掛けているのは、他でもない自分自身でしかなく。
やっぱり、根源には、失敗に対する恐怖心があるとは思うのだけれど、実は、成果を得るためにやったことで、被るであろう失敗って意外と、大したことがないことばかりなんです。
 
やらずに単に、恐れているだけで、やってみて、仮に成果が出ないとしても、また別のことを試してみれば良いだけの話なのに、勝手な思い込みで、自ら恐怖心をドンドン膨張させてしまっている。
 
 
過去の失敗を引きずっている方が、意外といらっしゃいますが、そもそも僕の発信自体、過去にどんなことがあろうとも、一歩前に進んで、「生きたいように生きる」ということがメインテーマ。
これを、「目的思考」といいます。
過去の原因をあれこれ探っていくことを、「原因思考」といいます。
 
どちらも、あなた自身で選択が出来るはず。
 
過去を引きずって、新たな一歩を踏み出さないという選択をされるのであれば、そのような未来がくるでしょうし、一歩を踏み出せば、これまでとは異なった新たな未来がくる
 
単純にそれだけのことです。
 
 
生きたいように生きることを阻害する3つのコトとは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。