世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

良い頑固さ、悪い頑固さ。

良い頑固さ、悪い頑固さ。

 
良い頑固さとは、たとえば、
自分はこんな生き方をしたい!
ということに対して、頑固でいること。
 
 
「何、寝ぼけたこと言ってるの?」
「そんなこと、ムリに決まっているじゃん」
 
と言われようとも、ブレない頑固さ。
 
 
 
悪い頑固さとは、
自分の考えを頑なに、変えようとしない頑固さ。
似ているようでいて、全く違う。
 
 
前者は、得たい成果があって、それを得るためには、
どんなことでもするという頑固。
行き先がブレずに、やり方だって、状況に応じて変えて行くことだって当然する。
 
つまり、自分の考え、思考パターンが間違っていると気づいたら、さっさと変える柔軟さを持ち合わせている。
ある意味、自分が欲していることにたいして、素直であるとも言える。
何一つ、変えないぞ!という頑固さでは決してなくて、得たいものに対しては、貪欲であるという頑固さ。
 
 
一方、後者は、前者にあるような柔軟性を持ち合わせていない頑固さ。
 
問題を作り出した時と同じ思考では、その問題を解決することができない。 
 
さらに、こうも言っています。
 
同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。
 
 
と言っているけれど、「得たい成果を得られていない状態」を仮に問題だとしたら、これまでとは全く異なった思考をする必要がある。
 
これまでも、色んな思考パターンについて、お伝えしてきたけれど、そんな思考パターンって気づいてもなかなか、変えることって意外と難しいんですね。
 
意外と難しいというのも、
 
・自分では気づいているのだけれど、変えることが難しい
そもそも、自分の考えを変える気がない
 
 
悪い頑固さだと、自分で認識していたとしても、これまで染み付いている思考パターンって、そう簡単に変えることが出来るものでもない。
 
でも、だからこそ、自分の思考パターンに気づいて、修正出来ることが出来るようになったら、あなたにとって、もの凄い味方になる。
 
 
 
ゴール設定(行き先)を決める部分に特化した、オンラインでグループワークをしようと思います。
 
僕の発信を日々、お読みいただいて、なぜ「ゴール設定の話」を飽きもせず(苦笑)言っているのか?が分かるし、
「ゴールを設定すること」に関して、単に読むだけでは得られない、自分のこととして、設定が出来るようになる。
⇒「決めること!」が何よりもポイント。
 
これまでさらっと読んでいた部分でも、新たな発見、気づきが得られ、もちろん、日々の生活にも良い影響を与えることが出来るようになります。
本当に必要な情報を、ピンポイントで出会えるようにもなる。
 
グループで進めていくので、他の参加者をみることで、【深い部分の落とし込み】について、客観視も出来るようになります。
 
 
ご興味がある方は、こちらからお知らせください。
詳細をお知らせします。
 
 
 
件名:ゴール設定グループワーク
として、お知らせください。
*本日終了

 

 

 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

 

あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。