世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

衣食住が無料になる社会は、到来するのか?

Kindleなど、電子書籍のおかげで、海外にいても本を読めるのは助かります。

マレーシアにも、紀伊國屋書店があるのですが、日本で買うより3割から5割ほど高いんですね。
そもそも、モノは増やしたくないスタンスなんで、紙の本は、もうほとんど買ってません。
 
Kindleに対応していない本は、ネットで注文してスキャン代行業者へ送り、データで僕に届くので、僕が世界中どこにいようとも、読めるわけです。
ホント、便利な世の中になりました。
 
僕は、しょっちゅう本を読んでいるわけではなく、読む期間と読まない期間がはっきりと分かれてます。
特に意識しているわけではないのですが、まぁ、気分ですよ。苦笑
気分屋なんです。
 
で、最近、絶賛読書期間中で、久々に、興味深い本を読みました。
*この本を読むに至った経緯については・・・
 
600ページくらいある本ですし、まぁ、書いている人が頭良すぎなんで、理解できない部分が大半なのですが。。。
とりあえず、Amazonレビューを読んでみてください。
 
もちろん、レビューを全て鵜呑みにする必要はありませんが、どういう本なのか?は何となくつかめると思います。
 
読者に自由に想像してもらうために、図表や写真など一切、なし。
ALL文字。
 

皆様の脳裏に、色鮮やかで豊かで、しかし穏やかな、壮大な新世界が広がっていきますことを確信いたします。

 

 
とのこと。
(本文より) 
 
理解できない部分が大半なので、あまり解説も出来ないのですが、著者は医師でありコンピューター関連の会社をこれまで10社ほど、立ち上げてきている方で。
いるんですね。こーゆー人。。。争っても勝てるわけがないので、僕は僕で、やっぱり、のんびり行くと、新たな決意をした次第です。
 
7ヶ月という短期間で、さらに人員も予算もこれまでとは比べ物にならないくらい、性能の高い次世代スーパーコンピューター(エクサスケール)を作り上げてしまったんです。
 
スーパーコピューターというのは、まぁ、僕らが普段使っているパソコンのもっと凄い版のようなものでしょうか。
*ホント、こんな説明でいいのか??
 
とにかく、処理スピード、処理能力がこれまでとは比べものにならないくらいなコンピューターなんですね。
で、スーパーコピューターの性能がどんどん上がっていくことで、今では考えもつかないような、色んなことが効率化されて
 
エネルギーが、フリー(無料)になって
衣食住が無料になり
働く必要がない社会が到来とのこと(きた!!苦笑)
 
 
そうなると、当然、貨幣価値だったり、貨幣に対するスタンスだって、今とは全く異なるようになる。
となると、ライフスタイルだったり、僕らの価値観だってガラリと変わらざるを得なくなるわけです。
 
 
 
結局、想像もしていない世の中になることは、間違いないわけですよね。
 
技術的なものって、ジワジワ僕らの生活に浸透して、気づいたら前の生活とは一変しているなんてことは、いくらでもあることなんです。
こういう、テクノロジー系の話ってなぜか萌えるのです。w
なぜか?と考えると、今まで当然だと勝手に思い込んでいる枠組みが、バンバン外れるのって何だか心地良いのでしょうね。
あぁ、まだまだ狭い狭い枠の中で、考えていたんだなぁと。
 
 
衣食住が無料になるって、完全にSFの話のようにも聞こえるかもしれないけれど、実際に、僕みたいなポンコツ頭と全く、構造が異なっている、とんでもない頭の良い人たちが、切磋琢磨して、知らない間に色んな研究をしているんです。
 
まぁ、さっき挙げたような世の中になるかどうか?は今の時点では誰にも分からないけれど(僕は実現する可能性が非常に高いと感じている)、頭の片隅にでも置いて、ふとした瞬間に、想像イメージを広げるというのは、とても良いことだと思うのです。
 
 
で、その先には、明るい未来なのか?絶望的な未来なのか?は分からないけれども、いずれにせよ選択するのは自分自身でしかない。
 

 

P.S.

今回のトピックに萌な方は、、、

 

 

kaigaiinkyo.hatenablog.com

 

 

あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。