世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

行動から変えようとするから、うまくいかない。~気軽に受け取ることの実践。

何かを得るためには、確かに行動は必要なんです。
いきなり、目の前にボンっと現れるということは、ない。
 
ないのだけれど、行動!行動!というのも、違う。
 
 
たとえば、
 
お金は、不安があるとこに寄り付かない
お金は、寂しがり屋
 
やっぱり、これらって事実なんですね。
もちろん、人それぞれ捉え方はあるにせよ、あなた自身も実感する部分はあるかと。
 
 
これも、まさにあなたがお金に対して、どんな定義を持っているか?次第。
自分に都合よく定義を書き換えてしまえばいい。
 
 
お金は、
苦労して
苦労して
受け取とることが出来るもの。
 
 
気軽に、受け取ることが出来るもの。
 
 
どちらでも、定義を書き換える。
お好きなように。
 
現実は、内面の結果なので、内面から整えてしまう。
 
 
とはいえ、
そもそも、「自分に都合よく」の部分が分かりにくいかもしれない。
 
 
結局、遠慮していると思うんです。
ホントは、誰に遠慮する必要もないのに。
これ自体、自分自身のこれまで培ってきた定義に縛られている証拠でもあって。
 
このあたりが、ぱっかーんと外れちゃったら、もうあとは大丈夫。
 
 
ここだけなんですね。
 
だから、無理やり行動を変えようとして、仮に行動を変えることが出来たとしても、「行動を変えたなり」の変化しか受け取る事ができない。
 
 
どういうことか?というと、採った行動そのものも、これまで培ってきた定義に基づいての行動だから、結局、今とは全く異なった、飛び抜けた成果って得られることでもない。
つまり、これまでの定義が残っていたら、その範囲内での成果しか得られないということ。
 
 
もう、行動のベースとなる、定義付けそのものを変えちゃったほうが、早いし、確実なわけです。
わかりますかね?
 
行動よりも、どんな行動をとるか?を決定づける、定義付けを、変える。
先に!
 
 
方法から入らないというのも、ここにつながってくる。
 
今、あなたた持っている限定的な定義付けから、採用しようとしている行動って、やっぱりその限定的な範囲を超えることはない。
 
で、今なんです。
今のあなたを形作っているのは、今(これまで)あなたが持っている定義付けの結果。
 
今の定義から選択している、行動でしか無いわけです。
一方で、今の定義から外れた定義を持っていれば、少なくとも採用する行動そのものも、全く異なった行動になるはず。
となると、当然、成果もこれまでとは全く変わってきて当然で。
 
 
このあたりを理解せずに、無理やり
 
行動するぞ!
行動するぞ!
 
と言い聞かせて、行動したとしても、
 
あれ?
思ったのと全く違う成果しか得られてない・・・
 
そりゃ、そうですよね。
 
どんな行動を採用するか (何をするか?) ?は、どんな定義付けをしているか?が如実に現れるから。
 
 
で、お金ももっと、気軽に受け取るというという定義をすれば気軽に受け取れるし、
一生懸命、苦労してと定義をすれば、そうなる。
 
もちろん、苦労をして得ることを否定しているのではなく、やりたい人はやってくださいというスタンスです。
あくまで。
 
それが当然と思うのも自由、当然と思わないのも自由。
 
どちらも選べるはずなんです。
 
じゃあ、どっちがいいか?ということ、それ自体も自分で選べるはずなんです。
 
好きなように定義を書き換えること自体が、生きたいようににつながるし、自分を縛っている、とらわれなども、
ひとつひとつ外していくことにもつながる。
 
 
まず、そもそもゴール設定。
そして、それに適した定義をしていく。
同時に、これまで持っている古い定義付けをドンドン手放していく。
 
そしたら、新たな定義に基づいて、行動も、自然とついていく。
衝動を伴って。
 
 
どんどん、定義を書き換えちゃえばいいんです。
お好きなように。
 
 
 
 
あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。