世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

簡単には何種類か、あるよという話。

誰しも出来る簡単。
一般的に、これ簡単に出来るよ。だからあなたもやってみなよ。という甘い囁き。苦笑
 
まぁ、仮に簡単にできたとしても、そこに価値は無いわけです。
誰でも出来ることに関しては、どこかで飽和がおきて、
 
 
自分が言う、簡単。
他人は、難しいと感じている。
あなたにとって、簡単に出来てしまうこと=強み
 
 
僕は、こっちをオススメしているんです。
いつも。
 
で、強みって発見しようとしても、
 
自分で出来てしまうことなので、意外と見落としてしまう。
こんな簡単なことで、出来て当然だよね?
 
人から「なんで、そんなこと出来るの?」といわれても、自分にはあまりにも当然のゴトクできてしまうことなので、「え?なんで?」という感覚で、見落とされがち。
 
でも、そんなところにこそ、お宝がザックザック埋まっている。
 
強みの上に築け
 
これは、ある賢人のコトバで、この賢人は既に故人ではあるのだけど、「マネジメント」というコトバを最初に使ったすごい人。
 
 
やっている事自体は、自分にとって、出来て当然なことをしているので、「やっている感」はないんです。
 
ないんですけれど、ないのは自分で完結してしまっているから。
 
これを意識して、相手のためになることを対価を得てやってみる。
そうすると、相手からありがとうと言われたり、あなたの預金残高が増えたりと(ニヤリ)、目に見える形で現れるようになると、「お、こんな貢献の仕方もあるのか」と実感できるようになるんです。
 
 
これも、既に解がある、「あなたに強みはある」
というところからスタートしないと、みつけようとしないし、活用されることもない。
 
だからこそ、現在・過去など一切無視をしてということをお伝えしているわけで。
 
この強みの発掘の仕方も、2種類あって。
既に発掘されている強みと、まだ発掘されていない強みと。
 
前者は、過去から明確な強みが分かっていて、それを活用する。
後者は、まだ発掘されていないけれど、とりあえずのゴール設定をしてそれに向けてすすめている内に、強みを発見するという流れ。(こちらのほうが、多いパターン)
 
 
 
 
あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。