世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

俺は既に、出来ている状態から生まれたぜ!ベイビー

たとえば・・・
 
 
何か、儲かりそう
何か、簡単そう
 
そんなノリで決めるから、脱落する側の人間にいつまでも属し続ける。
 
だったら、はじめから肩肘張らず自分が、楽しめること、没頭できることを選択していけばいい。
 
 
大事なことは、自分の判断基準を明確にして、それに沿っていきていくこと。
自分の判断基準に迷いがある?
自分の判断基準に自信がない?
 
じゃあ、どんな状態になったら、迷いがなくって、自信が湧いてくるのか?
迷いは、さらなる迷いを呼び込み、自信のなさは、さらなる自信のなさを呼び込む。
 
 
よく、根拠のない自信っていうけれど、そもそも根拠のある自信ってあるのか?
 
 
自信がある、なしを試されるのって、大概、やったことがないことをやろうとしているから、試されるわけで。
で、既に出来ていて、自信満々の人もいるかもしれないけれど、そーゆー人たちだって、生まれた瞬間から
 
俺は既に、出来ている状態から生まれたぜ!ベイビー
 
という人って、世の中にいるわけがないんです。
 
 
何にもない状態、何も出来ない状態から誰しもスタートしているんです。
 
で、どこかのタイミングで、よしこれをやってみよう、あれをやってみようという、衝動が起きる。
これは、などもお伝えしているように、機嫌をとっているからこそ出来ること。
 
 
で、そもそも根拠のある自信なんて、誰しも持っている人なんかいないのに、じゃあ、あるのは何か?というと、感情の先取りだと思うのです。
*つまり、誰しも最初は根拠なんかない
 
 
それ、得られることが、出来たら楽しそう、いいなぁ
そんな感覚からスタートしているはず。
最初は。
 
 
だから、ひとつひとつ、とりあえずこなしていくんです。
そこに行きたいと、心底、思っているから。
 
逆に、心底、行きたいと思っている場所にしか行けない。
心底思ってない場所だったら、まぁ、今のままの方が楽だし、と結局「やらない」を選択する。
 
行きたい場所に行くか?
やらずに、そのままか?
 
両方のシーンが両立することはありえず、両方選択することは、当然ながらありえないから、二者択一でしかない。
 
 
別に、「今」を否定しろというわけではないですからね。
このあたりも、何度も繰り返している話ですが。
 
今、満ち足りている、満足している状態でないと、どこまでいっても欠乏・不足に追い掛け回されますから。
 
 
このあたりの話しって、僕も何度も何度も色んな角度から、お伝えしていても、クライアントの方に口頭でも何度も何度も伝えても分かりにくい部分なんです。
 
でも、このあたりがすーっと分かっちゃうと、非常に楽に生きることが出来る。
今にフォーカスして、今やることに集中できる。
 
逆に、今にないと、ふわふわしちゃう。
過去のことを後悔してみてり、未来のことに不安を感じて見たり。
 
 
どちらも、「今」にあなたがいないから。
 
 
あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。