世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

100年ライフをどう生きるべきか?

時間の話に関連して、100年ライフについて。
 
 
100年ライフとは、100年生きるという話。
そうなると、人生の設計図を、がらりと変えていく必要があるわけです。
あなたも、もう薄々とは分かっているんです。
 
親とか周りにいわれているような、大多数の人が採っているモデルでは、今後、行き詰まるということを。
 
 
会社の仕組み、教育、年金、国の仕組み、あらゆることが、制度疲労も顕著。
会社で、働いたことがないけど、傍から見てもおかしなこといっぱい。
個人と、国・企業・学校・・・軋轢などが出てきて当然。
 
企業の寿命より、人の寿命の方が明らかに長いから。
 
 
Googleがキャリコ(カリフォルニア・ライフ・カンパニー)という「健康、幸福、長寿」を研究する会社を700億円以上を投じて設立しているんです。
 
だいたい、Googleがこれだけ本気に来ている分野って、早々、実現する。
 
Uber、Grabだって、あれはGoogle Mapがベースにあるからこそ、出来ることであると思うから。
 
 
で、僕は、200歳くらまでは、生きると思っているんです。勝手に。苦笑
タイトルは、「100年ライフ」としながらも、僕自身は200年ライフです。
 
200歳くらいまでは、なのでとりあえず、200歳までは最低限という話です。
もちろん、あした事故に遭って、ポックリ(苦笑)いくかもしれませんが。メルマガが止まったらポックリしているかも。。。
 
これは長生きをしたいとかそーゆー話ではなく、「生きれちゃう時代」がくると勝手に予測しているんです。
 
 
 
 
ひょんなことから、このメルマガをあなたにお読みいただいているわけです。さらに、僕に会いに、わざわざマレーシアまでお越し頂ける、奇特な方(失礼・・・苦笑)もいらっしゃる。
 
 
100年ライフを考えた時、意外とポイントになるのが、このメルマガのように意外とひょんなことからつながったつながりだと思うのです。
 
 
仕事
趣味
地域とは異なる、人とのつながり。
 
ひょんなつながりから、ブレイクスルーは起こると思っていて。
 
 
実は、このゆるいつながりが、今後100年ライフを生きてい行く上で、かなり大きなポイントになると思っているのです。
 
 
なぜ、毎日、毎日、休むことなく僕が発信しているか?の一つの理由でもあるのですが、僕と波長が合う人と、出会うためであるわけです。
 
一方的に、僕の考え、価値観を出していくことで、波長が合う人は読んでくれるし、何かしらのコンタクトをしてくれるし、会いにきてもくれる方もいる。
 
もちろん、波長が合わないひとは、そもそも登録もしないし、読みもしない。
全然、それでOKなんです。
 
 
去る者追わず、来るもの、たまに拒む(苦笑)というスタンスなんで。
 
既に、長い間お読み頂いている方とは、一緒に楽しいことをしたりすることになりやすい。
 
もう、僕のことを理解して頂いているので、僕も付き合いやすいんです。面倒な紹介とかしなくていいんで。
 
僕は、こんなことを考えていて、こんなことは好きで、こんなことはしたくない!ってことを、日々、発信しているだけなんです。
 
で、波長が合う人は読んで頂く。
 
さらに、突っ込んだ付き合いをしたい方は、突っ込んだ付き合いを。
単に、読むだけでという方は、読むだけで。
 
別に、強要もしませんし、お好きな付き合い方、距離感で楽しんでくださいね、というスタンスなんです。
 
ただ、僕は毎日、こうしてグダグダと(苦笑)、お伝えしていますが、僕はあなたのことは全く分からないわけです。
 
毎日のように、感想を送ってくださる方、熱い自己紹介を送ってくださる方、深刻な状況を吐露される方(深刻にならなくても、大丈夫!)、色々いらっしゃいますが、少なくとも、あなたから何らかのコンタクトをいただかない限りは、僕は、あなたのことを認識出来ないわけです。
 
 
逆に、僕があなたのことを認識できたら、何かしらのタイミングで、何かを一緒に始めることがあるかもしれないし、何か楽しいことを一緒にはじめることもあるかもしれない。あなたのことを、僕が知ることができれば、僕から提案出来る。
 
僕の発信のゴールは、ここにあるわけです。
 
100年ライフの話から、だいぶ逸れてしまいましたが、実は、これって長い人生を生きていく上で、非常に大事なことだと思うのです。
 
自分が何を考えているか?どんな人間なのか?どんな価値観を持っているのか?これらに基づいて、どんなライフスタイルをしているか?どんな行動をしているか?
 
いちいち、説明するのってめんどくさいじゃないですか。100年って長いようでいて、面倒なことはできるだけ割けたい。僕は、初対面の人と出会ったときの、何とも言えない、あの距離感というか、自己紹介をしなきゃいけないシーンが、嫌なんです。苦笑
 
 
だからこそ、僕の内面を、こうしてweb上に開示しておけば、勝手に興味を持ってくれる人が集まってくれる
*コンテンツメーカー的な生き方の真骨頂です!
 
そーゆーことなんです。
 
嫌な奴だったり、波長の合わない人とは、もう付き合わないって決めているんです。
*といっても、全く付き合わないわけではなく、意図的に付き合いを持つこともありますが、この点については、また改めて。
 
 
今回の結論としては、是非、あなたのことを、もっと教えてください!ということです。
下記より、お知らせください。
 
長さもスタイルも問いません。
 
 
あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。