世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

時間に関する変な話。

今回は、時間に関する変な話をします。
 
 
前にも、同じようなことをお伝えしているかもしれませんが、大切なことは手を変え品を変え、何度もお伝えしていきます。
 
正しいとか間違っているとかという判断って、ほとんどが思い込みなんで、柔軟な心持ちでお読みください。
もちろん、僕が言っていることが正しいとも、全く思っていませんので、「あぁ、こんな考えたかもあるんだ」くらいでお読みください。
 
 
時間って、現在から未来へ流れていると、ほとんどの人は捉えていますよね?
 
いつもお伝えしているように、人生は定義付けで出来ているので、別に正しいとか間違っているとか抜きにして、自分の好きなように、都合がいいように定義をしていけばいいんです。
 
これは時間に関しても、同様で。
 
過去が○○だったから、や
現在が○○だから
 
未来が決まる。
 
これは、多くの人が感じているであろう、現在から未来へ時間が流れているという捉え方。
 
過去・現在(原因)⇒未来(結果)
 
過去や現在が原因で、未来が結果。
 
 
 
一方、逆にしてみることも出来るわけです。
 
つまり、
 
未来が原因
現在が結果
 
未来(原因) ⇒現在・過去(結果)
 
というように。
 
こうすることで、未来から現在に時間が流れていると、捉えることも出来るわけです。
 
 
 
これ、何の話かわかりますよね?
 
そう、ゴール設定の話なんです。
先に、未来のゴールを決めてしまう。
 
未来のゴールを決めるという、原因を先に作ってしまうことで、現在に結果をつくっていく。
 
未来から現在に時間が流れている感覚が分かってきましたか?
 
 
現在・過去(結果)の、過去に関して、未来が原因だとしても、過去なんか既に過ぎていることなんだから、原因をつくったとしても、過去なんか変わるわけないじゃないか
 
と感じる方もいるかもしれません。
 
もちろん、過去に起こったことはひとつの事実としてあるわけですが、その起こった事実そのものが変わるわけではもちろんなくて、過去に対する捉え方が変わるわけです。
 
あなた自身も経験があるかもしれませんが、当時はつらかったかもしれないけれど、今、振り返ってみると、あのときのおかげで・・・
ということは、誰しも、もっているはずです。
 
 
当時(過去のある時点)では、辛かった
でも、今の時点では、よい経験だった。
 
出来事としては、同じなんですけれど、捉え方が変わったわけです。
 
これを、時間のベクトルを真逆にしてみることで、ガラリと変わることって、沢山あるんです。
 
つまり、過去にあんなことがあったたから(つまり、原因)を置いていると、それが現在だけでなく、未来永劫、あなたにずっと、まとわりつくことになる。
 
 
そうじゃなくって、時間の流れを未来から現在に流れているという、真逆の捉え方をすることで、あらゆることがガラリと変わるんです。
 
 
これは、強みの発見に関しても同様で、
 
 
過去に原因を求めていると、どうしても
自分には強みがない
自分には何も出来たためしがない
 
となってしまいがち。
 
一方、未来に原因を求めると、ポンッ!と出て来る。
 
どいういうメカニズムにかというと、先にゴールを決めてしまうんです。
 
いつも言っているように、現在とか過去など一切無視して。
 
 
未来に原因をつくってしまうことで、「現在の結果(つまり、今)」に影響していく。
 
どう影響していくか?のひとつが、隠れていた強みが発見されるわけです。
 
だって、設定したゴール(未来)に到達したいと思っているわけですよね?
であれば、そこに到達するために、必要なことって色々と出てくるわけです。
 
色々と出てくることの1つが、あなたの強みの発見。
成果を上げるためには、強みを活用するのが、一番、手っ取り早いですからね。
 
別に今の時点で、強みがみえてなくてもいいんです。
未来に原因をつくる、ゴールを設定していれば、自ずとみえてくるんです。強みは。
 
 
強み以外にも、得られるメリットは色々とありますが、あなたが気づを得たり、これまでとは全く異なった、定義をあらゆることに関して変えていくことだったり、
 
全てにおいて、ゴールに到達するために必要なことを得ることが出来るんです。
 
 
ただ、大前提としては、ゴールを設定すること(未来を原因とする)。
 
 
未来に原因をつくることで、全て現在に影響を及ぼしていくんです。
 
 
結局、これは可能性の追求であるわけですね。
未来から現在に時間が流れている、と捉えることは。
 
 
 
一方で、多くの人は、過去・現在から未来に時間が流れていると捉えることで、過去や現在を基準に未来もその延長線上にあると捉えてしまうからこそ、未来のイメージが非常に限定的で、縮こまったものになっているんです。
 
これって、結局、定義付けでしかないんです。
今回のトピックでいうと、時間はどう流れているか?という定義づけ。
 
 
何度もいいます。
人生は定義付けで決まる。
特別なスキル・経験は一切関係がない。
 
 
 
 
あなたが没頭できない、3つの理由とは?
 
 
■質問、感想など

こちら

 
■LINE@にご登録頂いた方には、特別音声をプレゼントさせて頂きます。