読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

まるで、SF。

ここマレーシアでの移動手段として、
UberやGrabを使っている。
 
 
過去にも何度も、UberやGrabの話をしているので、
ご存じの方も、多いかもしれないけれど
 
 
ご存じない方に説明すると、
 
タクシーアプリのことで、あなたがたとえば
車で移動したいと思った時、このアプリを
立ち上げて、行き先をマップ上で設定すると、
あなたがいる場所に、車が迎えに来てくれる。
*現在地は、GPSで勝手に拾ってくれる
 
支払いはあらかじめ、クレジットカードの設定をしておけば、
小銭の必要もないし、さらにぼったくられる心配も不要。
 
日本では、規制やらなんやらで広まっていませんが、
海外に行かれる際は、是非!
 
 
マレーシアに来た当初は、まだサービスがはじまってなかった。
けれど、ここ数年で、もう相当数の人が利用している
サービスになっている。
僕自身も、移動の時は欠かせないサービスとなっている。
 
いまとなっては、もう当然のごとく使っているけれど、
これって、よく考えてみたら、改めてスゴイなぁと。
 
僕らの小さい頃から考えると、
まるで、SF。苦笑
 
スマホでピッピッとやったら、車が
ビューンって来ちゃうんですよ?苦笑
 
 
まず、あなたも手にしているスマホ端末。
いまとなっては、当然のごとく利用しているかもしれないけれど、
気づいたら、あっという間に広まっていた・・・
 
10年前に、今のような状況を誰が想像していたか?
20年前、ひとりひとりが、電話(スマホ)を持つという
時代がくることなど、誰が想像していたか?
 
そんなこと、沢山あるわけです。
 
 
ボヤボヤしているうちに(苦笑)、気づいたら
世の中なんて激変しちゃうんです。
 
ふと、気づいたら、「えーー」
いつの間にって。
 
こーゆー変化って、年々、加速している。
減速することってない。
スピードがめちゃくちゃはやいんです。
 
これ、凄っ!と思ったら、また別の凄っ!
が来て、凄っ! 凄っ!って言っているうちに、
生活が激変しているように。
 
 
激変って、考え方によっては怖いように
捉えられるかもしれないけれど、
 
考えようによっては、うまい具合に
波に乗っちゃえばいいんです。
 
技術的なことをマスターするというより、
うまく自分のゴールに適した形で、
取り入れていけばいいと思うんです。
 
 
情報発信をしよう
アウトプットをしていこう
 
ということは、当初からずっとお伝えしてきたことで、
長い間お読みいただいている方、僕自身が直接サポートを
させて頂いている方は、もうとっくにガンガン進めているわけです。
 
当然ながら。
 
 
 
今回、この話をきいて、
やるも、やらないもあなた自身の選択だけれど、
 
ビジネスって、タイミングが全てで。
 
いくら、松下幸之助がスゴイ!としても、
今の時代に、電球を売ろうとしても、売れないんです。
当然ながら。
 
まぁ、松下幸之助くらいの人が、この時代に電球を
売ることはないでしょうが、たとえ話ですよ。
 
 
全てにおいて、やっぱりタイミングであって、
あなた自身も何かしら無意識の部分で
コンテンツメーカー的な生き方を求めていたからこそ、
この記事もたまたま読むこととなったかもしれない。
 
このような、ちょっとした心の動き、
「あ、楽しそう!」そんな感覚を大切にして欲しいんです。
 
「あ、楽しそう!」
このような、センサーを蔑ろにしていると、
どんどん錆びついていってしまうので、
やっぱり、自分の感覚にどんどん従っていく
というのは、中長期的にみても、とても
大切なことだと思うのです。
 
 
せっかく、コンテンツメーカー的な生き方が
しやすい環境があり、今後、さらに拡大する
ことが分かっているのに、「乗らない」
という選択肢はもったいないと思いますよ。
 
 
もし、あなたがコンテンツメーカーを進めていきたいけれど、
進めていく上で、不安なこと分からないことがあったら、
是非、教えてください。
 
 
あなたの【没頭】をみつけるには?
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@

広告を非表示にする