読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界は逆説で出来ている。

「生きたいように生きる」ため、「生きたいように生きる人を増やす」ためのブログ

「頑張る」「努力」は、間違っているシグナル。

頑張る
努力
 
ということを、あまりにも美談にするような
風潮がすごく苦手で。苦笑
相変わらず、へそ曲がってますかね?
 
 
そもそも、
 
頑張る
努力
などと、感じているようでは、方向性が正しくない。
 
 
勝手に勝ててしまうところで戦う
これが、正しい方向性。
 
 
 
もちろん、何かをすることにたいして、
否定的なわけでは決してなく、
方向性の問題で。
 
自分が勝手にやりたくてやっているようなことを
やっていることであって、
 
相手が、頑張っている、努力しているね
ということは、どーでもいいんです。
本人にとっては。
 
別に、頑張っているとか、努力しているとか
本人が全くないのが、正しい方向性。
 
もし、本人も頑張る・努力している、
そんな感覚をもし、もっているならば、
方向修正の必要があると思います。
 
 
むしろ、本人が頑張っているとか、努力している
というような感覚を持っているようだと、
うまくいくことはあまりないのではないか?
というくらいに思ってて。
 
 
なので、クライアントとのセッションでも、
よく「頑張ります!」ということをいったら、
「いや、別に頑張らなくてもいいです。」w
と、いつも僕から、返答してしまうくらい、
「頑張る」ということに関して、抵抗感があるんです。
 
 
もちろん、これは僕の勝手な解釈なので、
どのようにとらえるか?はアナタ次第ですよ。
 
 
 
「しっくりくる感」がある生き方の実践
 
 
■質問、感想など

こちら

 

■LINE@